脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

ハワイ生活 マッサージ

妊娠中、後のマッサージ01/ハワイ・マッサージ学校-ゲイの海外生活-

更新日:

*授業で習ったものの個人的なメモです。内容の整合・不整合は個人でお確かめください。10/3/2019

Kapiolani Community College のMassage Therapy Programより。

Pregnancy(妊娠) and Postpartum(産後) Massage

ハワイのマッサージスクールでは妊娠中、産後の方を対象にしたマッサージも学びます。妊娠中のつわりや、腰痛、産後の回復にも役立つそう!

クラスは全部で3時間が7回の21時間で、座学から実践まで行い、テストなんかもあり。

ちなみに授業には、大きめのシーツがあった方が良くてこれはお腹が大きくなった女性でもしっかり体をカバーできるようにするため。また、普通のまくら2個に加えて、抱き枕1個、または普通まくら2個も持ってきます。大きなお腹だとしたを向けないので、基本的に横になるか、座って大きくリクライニングした状態で受けるので、それらをサポートするために使う。

授業を通して学ぶこと

英語でシラバスから抜粋

  • Developmental stage of mother and child from conception to birth
  • Effects of massage for pregnancy and postpartum
  • Contraindications of massage for pregnancy and postpartum
  • Emotional, physical, and mental changes of mother during pregnancy, childbirth, postpartum and during breastfeeding

Student will be able to demonstrate

  • Appropriate client intake
  • Proper set up, draping, and positioning for pregnancy massage and the postpartum stage
  • Pregnancy massage techniques and stroke application for pregnant mother
  • Recognition - and be knowledge of - contraindications for pregnancy massage

ちなみに評価は

  • 21p 出席
  • 10p クイズ1
  • 10p クイズ2
  • 35p クリニック実践
  • 25p 最終テスト

の合計101p中75.751%を超えること。

妊娠中、産後マッサージの効果

ストレスの軽減、筋肉・骨格の負担軽減、身体機能向上、産後回復の早期化、胎盤機能の強化、産道の負担軽減、また母子の関係性の向上などがある。

マッサージによるリラクゼーション効果で、全体的に筋肉をほぐして身体の緊張をほぐし、精神面でもストレスの軽減が見込まれる。また筋肉を動かすことで血流が良くなり、同じ姿勢をとったり、なかなか運動が行えない状態でも酸素を体の隅々に運び合わせて栄養も排泄も循環させる。

Tomaちゃん
でも!妊娠期間中はたくさん気をつけなきゃいけないこともある!

用語

  • Fetus 胎児
  • Utero 子宮
  • Placenta 胎盤
  • Umbilical cord へその緒
  • Cervix 子宮頸
  • Amniotic Sac 羊水のう

Contraindication 禁忌

まずはマッサージの基本的な禁忌ももちろん(これらも別の授業で習う)妊娠中なので、産道から出血してしまわないとも限らないし、早産となるとも限らないので、必ず医者の相談を受けること。また特に下記の状態には気をつけること。

Placental previa 前置胎盤

胎盤が産道近くに形成されている状態。

胎盤が正常より低い位置(膣に近い側)に付着してしまい、そのために胎盤が子宮の出口(内子宮口)の一部/全部を覆っている状態を「前置胎盤」といいます。全分娩のおおよそ1%弱を占めています。通常、経膣分娩(下からのお産)では赤ちゃん→胎盤の順に出てきますが、前置胎盤では、胎盤が赤ちゃんよりも下(膣)側にあります。胎盤→赤ちゃんの順に下から出てしまうと、胎盤が出る時に大出血してしまい、また、胎盤が出た時点で赤ちゃんは「胎盤からの栄養が途切れ」「自分はまだ子宮内にいるから呼吸もできず」という状態になってしまいます。したがって、前置胎盤の場合には、ほぼ100%が帝王切開分娩です。

http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=2

Placental abruption 胎盤剥離

胎盤が子宮壁から剥がれること。

常位胎盤早期剥離とは、分娩前に胎盤の一部がはがれてしまう病気。赤ちゃんは胎盤を通じて母体から酸素を受け取っているため、分娩前に胎盤がはがれてしまうと、命にかかわる緊急事態に陥ります。
また、胎盤剥離が進むと、母体も出血によるショック症状を起こす危険があり、一刻も早い処置が必要です。発症率は全妊娠の1%。だれにでも起こるトラブルではありませんが、発症のビークは妊娠34週とされるため、この時期は注意が必要です。
常位胎盤早期剥離の約7割が早産による低出生体重児として生まれています。

https://st.benesse.ne.jp/ninshin/content/?id=34983

ちなみに胎盤って結構な大きさがあって、多くの哺乳類は出産後胎盤を食べる。栄養素がかなり高い。

Preeclampsia 子癇

子癇(しかん、ラテン語: Eclampsia)とは周産期に妊婦または褥婦が異常な高血圧と共に痙攣または意識喪失、視野障害を起こした状態である。 ... 子癇の本質は高血圧にともなう脳組織の循環障害と機能障害であり、非妊娠個体においても痙攣や意識障害などの中枢神経症状として発症する高血圧脳症(高血圧クリーゼ)の類縁疾患である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/子癇

妊娠が分かる仕組みについて

ちなみにどうやって妊娠しているかがわかるか知らない男性は多いと思う。女性は妊娠すると特別なホルモンが分泌されるようになってその濃度で妊娠しているかどうかが尿、血液を通して検査することができ、そのホルモンをHCGホルモンと言う。

女性の体は、妊娠すると、おなかの中の赤ちゃんを育てようとする機能が働きだします。その変化の一つとしてhCG(human Chorionic Gonadotropin: ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)という名前のホルモンが、胎盤(おなかの中の赤ちゃんとお母さんの間で栄養分などを通すパイプ役)でつくられ始めます。
このhCGは普通、着床(受精卵が子宮の壁の中に取り込まれる現象)してから初めて体の中でつくられ、生理予定日(妊娠4週目)頃から尿の中に出てきます(左図)。
更にhCGは妊娠2カ月から3カ月くらいにかけてたくさんつくられ、出産するまで出続け、妊娠の状態を維持しています。普通は妊娠していなければ、hCGは尿の中には出てきません。

https://www.arax.co.jp/checkone/why.html

妊娠時期別の変化注意点

妊娠の期間は3つに分けることができて、それぞれ状態が異なるのでちゃんとチェックすること。また最初のカウンセリングの際に、これが最初の出産なのか?つわりの度合いは?お腹の赤ちゃんはよく動くか?貧血を起こしやすいか?など、医者からのアドバイス内容はもちろん、その日のコンディションもしっかり聞いておくこと。またマッサージ前には飲食は控え、施述後にしてもらい、背術中もつわりを想定してバケツなどを用意しておくこと。途中何度も力加減の確認や、痛み、吐き気などないか細かく確認をすること。

First trimester 妊娠第1期 1〜13週目

体のホルモンバランスが急激に変化している時期。着床なども不安定なのでもっとも流産を起こしやすい時期。できればマッサージは避けること。行う場合はしっかりとした医者からのアドバイスをもらうこと。

赤ちゃんはやっと体の基本組織、目や耳などが形成され心臓が動き始める。

マッサージはお腹周りを行うことは可能だが、妊婦の状態を確認。うつ伏せも可能だが、できれば避けること。横向き、仰向けでリクライニング、座位でのマッサージが行える。体を揺さぶるマッサージは行わない。香料の入ったオイルやローションは避けること。サコツの内側、足の内腿、くるぶし付近などのポイントは堕胎を促すとされるツボなので強く押さないこと。マッサージの後は必ず一息置いて血圧が低くなっているので急に立ち上がらないこと。また足をしっかりと拭いて転ばないようにすること。

Second Trimester 妊娠第2期 14〜26週目

体重が大きく増えるので妊婦は体重のバランスの取り方が変わってきている。腰に痛みがで始めることが多い。お尻、足の付け根周りなどの腱にも負荷がかかっている。膝も痛み出す。頻尿、胸焼け、便秘、妊娠線の発生、Linea Negra(黒線)が現れることもある。

黒線(こくせん、Linea nigra)は[1]、一般にに出現する色素沈着である[2]。英語圏での Linea nigra はラテン語で黒い線を意味し、よく英語圏で pregnancy line (日本語の妊娠線は他を指す)とも呼ばれる。 腹部の正中線(せいちゅうせん、midline of the abdomen[3])と呼ばれることもある。茶色い線の幅は約1センチ。恥骨からへそまでの正中部に縦に現れるが、腹の上部まで到達することもある。[4]
妊婦では、黒線は胎盤が産生するメラニン細胞刺激ホルモン英語版)が増加することに関連する[5]、これは肝斑や黒い乳首の原因ともなり、インドでの調査では、妊婦650人中80%に黒線が生じた[6]。色白の女性では、暗く色素沈着している女性よりもこの現象が起こりにくい[7]。通常は分娩後に全身的に皮膚は明るく戻ってくる[3]。症例報告では分娩から3か月後に確認したところ黒線は消失していた[8]

https://ja.wikipedia.org/wiki/黒線

赤ちゃんはお腹の中で動くようになり、親指を咥えたりし始める。11−14インチ、体重1から1.5ポンドにまで成長。

この頃にはお腹が大きいのでうつ伏せでのマッサージは難しい。横向きか仰向けのリクライニング、座位でのマッサージになる。枕を腰のあたりに補助的に入れるなどしてサポートが必要になってくる。つねに声をかけて妊婦の状態を確認。起き上がる時も介助をする。マッサージが終わった後はテーブルに座ったまま足をブラブラさせて貧血などを起こさないように急には立ち上がらせないこと。また足をしっかりと拭いて転ばないようにすること。

Third Trimester 妊娠第3期 27〜40週

足に浮腫が出たり、手首を痛める、足全体の痛み、頻尿、胸焼け、便秘、出産前の不安、脊柱の前湾曲、腹直筋乖離(diastasis recti)、前駆陣痛(braxton hicks)などの症状も起き始める。

赤ちゃんは体重が3倍近くになり、身長も2倍。肺以外の臓器の形成が完了する。

横向き、リクライニング、座位でのマッサージになる。赤ちゃんの体重が参道への負荷になるので考慮する必要がある。受動的ストレッチのみが行え、オーバーストレッチは行わない。体を叩く系のマッサージは行なわいない。腹部へマッサージを行う場合は、確認の後、普通のマッサージと違って時計回りでなくても良い。マッサージが終わった後はテーブルに座ったまま足をブラブラさせて貧血などを起こさないように急には立ち上がらせないこと。また足をしっかりと拭いて転ばないようにすること。

Recommend

1

カンボジア旅行の続きです 好きになっちゃうよカンボジア アンコールワット遺跡を見てその日のうちにシュリムアップから、首都プノンペンに移動。 さすが首都、人口が多い!!バイクも隙間なく走ってる!そしてみ ...

2

飲んで予防するHIV感染対策のお薬 噂には聞いていたPrEP。カナダにいた頃からちらほら聞いていたけど、まだ整備されていなくて十分な情報もなく、そんな薬があるんだか、ないんだか、半分くらいその存在を疑 ...

3

第1回ハワイテニスオープンに行ってきたよ 同僚に教えてもらうまで知らなかったけど錦織君がハワイに来てるんだね。 https://hawaiitennisopen.com んでもってハワイで最初のテニス ...

-ハワイ生活, マッサージ
-, , , ,

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.