脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

ハワイ生活 マッサージ

病理学・薬/ハワイ・マッサージ学校ゲイの海外生活-

投稿日:

*授業で習ったものの個人的なメモです。内容の整合・不整合は個人でお確かめください。9/19/2019

Kapiolani Community College のMassage Therapy Programより。

Medications – Introduction

 General characteristics of medication. All processed by the liver. Targets specific sites on cells or stimulates hormones that target specific cells. Most flow through the body through the blood system.

 Medications taken orally are digested. Broken down chemically then absorbed. Oral medications need to be precursors to the medication needed or in a large amount so some of it gets through digestion into the blood or in a protected form so the actual medication can enter into the bloodstream.

 Intravenous(静脈内), transdermal(損傷のない皮膚を介して吸収される), sublingual(舌下) medications don’t need to be concerned with digestion. Correct doses can be more readily controlled. Usually used for the more powerful medications. Affects a natural process of the body systems. Slows down, speeds up, inhibits, excites.

Not all processes react the same way to the medication. All people can react differently to the medication. Known as side effects. Sometimes the side effects is more lucrative than what the medication was intended to treat. Drug companies are large corporations. They need to follow the money.

 Viagra originally a heart medication to treat hypertension and angina pectoris, 1992. Marketed to treat erectile dysfunction in 1998 and it has taken off, one of the highest money grossing prescription drug ever produced.

バイアグラの20年、青い錠剤はいかにして革命をもたらしたか

1998年3月27日に米食品医薬品局(FDA)によって承認された、米製薬会社ファイザー(Pfizer)の超大型新薬は、全世界でこれまでに約6500万件処方された。

https://www.afpbb.com/articles/-/3168890

 Lyrica originally was to treat epilepsy in 2005, slow sales due to small market. FDA approval to treat fibomyalgia in 2007, sales took off.

Medications - Opiods

オピオイド / Painkiller Sales, deaths, treatment admissions.

オピオイド (Opioid) とは、ケシから採取されるアルカロイドや、そこから合成された化合物、また体内に存在する内因性の化合物を指し、鎮痛陶酔作用があり、また薬剤の高用量の摂取では昏睡、呼吸抑制を引き起こす[1]。医療においては手術や、がんの疼痛の管理のような強い痛みの管理に不可欠となっている。このようなアルカロイド(オピエート)やその半合成化合物には、モルヒネヘロインコデインオキシコドンなどが含まれ、また合成オピオイドにはフェンタニルメサドンペチジンなどがある[1]。これらは本来的な意味で麻薬(narcotic)である[1]

https://ja.wikipedia.org/wiki/オピオイド

 Antibiotics= Anti(against) –biotics(life)

Used primarily on bacterial infections

Penicillin, Amoxicillin, Erythromyocin, Zithromax.

 Analgesics = pain relievers

Aspirin, Acetaminophen – Tylenol, Narcotic Deverol, Oxycontin, Vicoden.

Morphine = used as last resort for pain that cannot be relieved by other means.

 Narcotic(麻(酔)薬,催眠剤), Tramadol(オピオイド系の鎮痛剤の1つ), Nerve pain reduction, Gabafentin(抗てんかん薬)

 Anti-inflammatory

NSAIDS – non steroid anti-inflammatory drugs. Ibuprofen- Motrin, Advil. Indocin, Aleve, Celebrex, Steroids.

 Antibiotic

Bacitracin, erythromycin, Antifungal, Fungizone, Loprox.

 Antihistamines – block the effects of histamines

Zyrtec, Benadryl, Allegra.

 Decongestants –reduces congestion (特に鼻の)充血緩和剤,鼻づまり薬

Afrin, Sudafed, Ephedrine. Bronchodilator-opens up bronchial tubes. Usually in the form of a spray/mister. Ventolin, albuterol.

 Antianginal –decrease or reduce chest pain. 抗狭心症薬

Nitrates. Nitroglycerin- most common. Dilates blood vessels, reduces blood pressure and increases blood flow to the heart.

 Anticoagulant – decrease clot formation

Coumadin, heparin. Most cautioned when massaging. Heavy pressure can cause bruising. Worst case scenarios - bleeding that won’t stop. Hypertension (high blood pressure). Hydralazine – dilates blood vessels. Beta-blockers-reduce force and rate of heart contractions. Lopressor, Inderal, Levatol.

Medications- MuscularSkeletal

 Osteoporosis. Fosamax, Actonel.

 Gout / Cholchicine, Zyloprim

Allopurinol – decreases uric acid production.

Uloric – increases uric acid removal/urine.

 Muscle relaxant –relaxes all muscles. Soma, Flexeril, Baclofin, Robaxin.

Medications - Neurological

 Psychiatric Drugs.

Sedatives – Relaxes and calms.

Valium. Hynotics – Induces sleep and staying asleep. Halcion, Ambien.

 Antianxiety – decrease worry or apprehension.

Librium, Valium, Ambient.

Antidepressants – inhibit chemicals that cause sadness.

Prozac(fluoxetine), Zoloft, Paxil.

 Antipsychotic– for psychotic disorders. 抗精神病薬

Primarily treating for schizophrenia. Thorazine, lithium.

 Andregenic- mimics SNS アドレナリン作用の

SNS = sympathetic nervous system 

Epinephrine, dopamine. Andregenic blocking- impedes SNS functions. Levatol, Aldomet.

Cholingeric blocking drugs- blocks some

PSNS functions. Atropine.

PSNS = parasympathetic nervous system

Medications - Gastrointestinal

 Antacids- neutralize acidity of stomach

Maalox, Mylanta, Rolaids.

 Gastric or duodenal ulcers. Nexium, Prilosec

Antibiotics. GERD.

Histamine H2 antagonists –reduces the secretion of gastric juices.

Tagmet, Pepcid, Zantac

 Diuretics – induces secretion of urine

Lasix, acetazolamides

 Urinary infection – treats infections of the bladder or urinary tract.

Trimethoprim, Septra.

 Corticosteroids – decrease immune system, reduce swelling.

Hydrocortisone, Aristocort

 Pain is universal. Causes are varied. Pain is recognized through the nervous system. Following is a description down to the chemical level.

授業中の追記

現在麻薬として扱われているほとんどが、痛み止めなどとして開発されてきた過程で生まれてきたもので、使用後問題がわかって使用禁止へとなっていったものがほとんど。当時は十分な試験が行われなかったり、長期にわたり使用されることでの弊害が不明だったために数年、数十年たってから使用禁止となったものもある。またあまりに強力なため、使用後他のものへ代替が効かないことも多かった。また痛み止めはもっとも売れる製剤の一つであるため普及も早く一度市場に出るとたくさんのお金をうむため製薬会社も多くを生産してきた。

また患者も気軽に処方されるためあちこちの病院で処方を受けていろいろな薬をカクテルにして使用したりすることもあったため死者が増えた。

Medications - Marijuana

 Medical marijuana is legal in some states. Recreational marijuana is legal in a few states. Illegal at the Federal level. Testing for marijuana detects THC. Problem with non-THC (ie CBD) is its unregulated so it may have some THC.

日本では、大麻草は大麻取締法が規制し、含有されるTHCは麻薬及び向精神薬取締法の規制により、医療目的であっても使用、輸入ならびに所持は禁止されている。 茎や樹脂から抽出したCBDは日本でも規制対象外なので健康食品として流通している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/医療大麻

効能

大麻には鎮痛作用、沈静作用、催眠作用、食欲増進作用、抗癌作用、眼圧の緩和、嘔吐の抑制などがあり、アメリカ合衆国では慢性痛患者の8.9%が自己治療で大麻を使用している[1]。また、モルヒネなどのオピオイド系鎮痛薬やイブプロフェンのような非ステロイド系抗炎症剤に十分な効果が見られない疼痛に対して大麻が有効であるとする論文がある[43][44][45][46]。ほかに、神経保護作用や、脳細胞の新生を促す作用が存在する可能性が示唆されている[47]
体内では神経調節物質としてエンドカンナビノイド英語版)(内因性カンナビノイド)が産生され、そのカンナビノイド受容体は全身に広がっており多くの異なる機能に関与しているため、そのことが大麻の医療応用性の広さの理由となる[2]
大麻はHIV[48]アルツハイマー[49]うつ病[50]強迫性障害[51]不眠症[52]てんかん気管支喘息帯状疱疹多発性硬化症筋萎縮性側索硬化症クローン病パーキンソン病など、約250種類の疾患に効果があるとする論文がある[53]
4276人の統計からは、約7割が不安、不眠、痛みに用いており、74%は他の薬から大麻に置き換えたり、薬の量を減らすことができたという[54]
医療大麻が注目される理由には
身体的害(副作用)が少なく、第一選択薬として望ましい。
製造、栽培が容易かつ安価。
法的規制の問題を除けば、本質的には製造・入手が容易かつ安価。
多くの品種が存在しており、成分(THC、CBDなど)のバランスが多様。
嗜好植物としての大麻には多くの品種が存在しており、薬効成分(THC、CBDなど)のバランスが多様なため、患者の個人差・病状の差に適合した品種を見つけることができる(一種のテーラーメイド医療と言える)。
化学薬品ではない。
既存の治療薬の効果が薄かったり、副作用が強い患者に対して別の選択肢となりうる。(代替医療)
いまだ有効な治療薬が存在しない疾患、難病に対して効果が認められることがある。
などが挙げられる[55][注 6]
2010年代の西洋では、痛みの管理のために処方されたオピオイドの過剰摂取死の増加はオーストラリアを除いて2010年代のトレンドであり[56]、医療大麻を合法化したアメリカの州におけるそのような過剰摂取の減少から、危険性がより少ない大麻は注目される[57]

https://ja.wikipedia.org/wiki/医療大麻#効能

Recommend

1

カンボジア旅行の続きです 好きになっちゃうよカンボジア アンコールワット遺跡を見てその日のうちにシュリムアップから、首都プノンペンに移動。 さすが首都、人口が多い!!バイクも隙間なく走ってる!そしてみ ...

2

飲んで予防するHIV感染対策のお薬 噂には聞いていたPrEP。カナダにいた頃からちらほら聞いていたけど、まだ整備されていなくて十分な情報もなく、そんな薬があるんだか、ないんだか、半分くらいその存在を疑 ...

3

第1回ハワイテニスオープンに行ってきたよ 同僚に教えてもらうまで知らなかったけど錦織君がハワイに来てるんだね。 https://hawaiitennisopen.com んでもってハワイで最初のテニス ...

-ハワイ生活, マッサージ
-, , , ,

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.