脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

ハワイ生活 マッサージ

病理学・消化器官&内分泌(ホルモン)系/ハワイ・マッサージ学校ゲイの海外生活-

投稿日:

*授業で習ったものの個人的なメモです。内容の整合・不整合は個人でお確かめください。9/18/2019

Gastrointestinal/ Endocrine Systems

Your Body Your Health III

Kapiolani Community College / Massage Therapy Programより

 Malabsorption(吸収不良) and Intolerance (不耐性)Syndrome

 Doesn't recognize things to absorb, ie. Calcium, so doesn’ t get absorbed. GI system can no longer tolerate something you used to able to eat as a kid. Lactose intolerance is one. Common among Asians. Painful abdominal cramps. Gassy. Frequent visits to the toilet. Once the product is removed then everything is fine.

 Irritable Bowel Syndrome (IBS) 過敏性腸症候群

Abdominal pains, diarrhea, gassy. Goes often to the bathroom. Lasts for a long time. Listening to bowel area, can hear gas & rumbling sounds passing through the intestines.

 Food is going through the system quickly so not getting nutrition. In severe cases they can be hospitalized for malnutrition & dehydration.

過敏性腸症候群とは小腸や大腸に病気などの異常が見つからないのに、便通の異常や腹部の不快な症状が続く病気のことです。

https://www.nipro.co.jp/sukoyakanet/47/

 Aspiration 誤嚥(ごえん)

Choking on thin fluids. Epiglottis not blocking the trachea when swallowing. Goes into the trachea, down the lungs. Causes pneumonia. Elderly with dementia. Not a normal aging process. People with neurological problems. Problems with choking without even knowing they are choking. Symptom- voice will sound wet and gurgly until it clears after they eat or drink. After they eat. May have low grade fever. May have a runny nose. Client stops eating because of the problem. Malnutrition. “ Silent Aspiration”  - lose the gagging function so they don’ t have a clue they are aspiring.

誤嚥とは、本来は食道を通りの中に入らなければならないものが、誤って気管内に入ること。
関連語としては、サイレントアスピレーション(不顕性誤嚥:知らず知らずのうちに気管内に異物が入ってしまうこと)、アスピレーションニューモニア(誤嚥性肺炎:誤嚥が原因で、細菌が唾液と共に肺に流れ込み、肺炎を起こすこと)などがある。

https://www.kango-roo.com/word/11822

 Gastroesophageal reflux disease (GERD) 胃食道逆流症

“ Acid reflux”. Lower esophageal sphincter (LES) is not closing properly. Constant burping. Burps up food and swallows it back down. Usually caused by a food trigger. Or bad acid production. Not normal to have this happen all the time. If burning of the throat occurs, it requires medication and attention. Final analysis is a scope with a barium tracer. Need to see how much the Lower Esophegeal Sphincter (LES) is closing.

主な自覚症状は、胸やけと呑酸(どんさん)です。特に、空腹時や夜間の胸やけが特徴的です。胸やけがひどいせいで、夜中に目が覚めてしまったり、心臓の病気と同じような胸の痛みを感じたりすることもあります。
また、その他に、のどの違和感、よく咳き込む、声がかれるなど、食道以外の症状が出ることもあります。
ただし、食道の粘膜に目に見える炎症が起きていても、症状がない場合もあり、その場合、無症候性逆流性食道炎(むしょうこうせいぎゃくりゅうせいしょくどうえん)といわれます。
<原因>
胃酸が食道に逆流し、粘膜を刺激することが原因です。

https://www.onaka-kenko.com/various-illnesses/esophagus/esophagus_04.html

 Obstructions 食道の閉塞

Tumors, hernia, intestines get tied up. Common among elderly in summer months. Don’ t drink enough water and get dehydrated. Ilius is the worst case scenario. Intestines are tied up. Usually happens after ceaserean or abdominal surgery. Abdominal massage can help move the obstruction. If obstruction can’ t be moved, need to have medical attention.

食道は狭くなったり、完全にふさがったりすることがあります。まれなケースの原因として遺伝性のもの(例えば、下部食道輪ー 下部食道輪)や食道ウェブ( 食道ウェブ)があります。ほとんどの場合、食道の損傷が進行するか腫瘍の増殖が原因で起こります。食べものや異物( 消化管の胃石と異物)も食道の閉塞を起こすことがあります。

https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/03-消化器の病気/食道の病気と嚥下障害/食道の閉塞の概要

 Constipation 便秘

3 days at most before intervention for adults, 10 days for children. Difficulty in passing stools. Dehydration. Lack of fluid intake. Lack of fiber. If there is an occlusion and the walls are thin it may burst. Treatment may include stool softeners, pepto-bismol, enemas, etc.pepto-bismol, enemas, etc. Massage is the best therapy. Holding breath and pushing may result in a heart attack or hemorrhoids. Valsalva maneuver –  putting in physical effort while holding breath can cause heart to stop. Upright weight bearing exercise will help them.

1.便秘について
便秘とは、便を十分にかつ快適に出し切れない状態です。便秘が続くとおなかが張って苦しくなったり、吐き気や食欲低下につながったりすることもあるため、早めに対処することが大切です。
2.原因
がんの治療中に起こる便秘は、多くの場合、生活環境や生活リズムの変化などとも関わりながら、次のようなさまざまな原因が重なって起こります。
食事や水分が十分にとれない、運動量が減る、気分が落ち込む
がんの治療に用いる薬(細胞障害性抗がん剤や分子標的薬など)や痛み止め(医療用麻薬)の副作用
がんによる大腸の圧迫や閉塞
加齢、糖尿病、甲状腺機能低下症など

https://ganjoho.jp/public/support/condition/constipation.html

 Diverticulitis 大腸憩室症

Diverticular disease. Intestinal walls have sac like outpouches with blood vessels. Will have bleeding into the stool. May also have inflammation. Concern is that it may develop into polyps.

大腸壁に5~10㎜の袋状のへこみ(憩室=けいしつ)ができた状態です。通常は1㎝程度のものがほとんどですが、大きなものでは開口部が2㎝を超えることもあります。通常は無症状ですが、憩室部の血管が破けて出血する大腸憩室出血や、憩室内に細菌が感染して起こる大腸憩室炎といった急性疾患の合併につながることがあります。
発生部位によって左側型、右側型、両側型に分類されます。日本では右側型、S状結腸に起こりやすいといわれていますが、加齢に伴い左側結腸に憩室ができる割合が増加し、さらに近年では高齢者で両側に形成されるケースが増加しています。

https://www.onaka-kenko.com/various-illnesses/large-intestine/large-intestine_14.html

 Colon Cancer 大腸ガン

Neoplasm along the GI system. Common among Asians. Precursor is polyps in GI tract. 65+ tends to get polyps. Need a colonoscopy to see polyps. Polyps in 20-50 year olds are cancer suspect.

Treatment:  Surgery, Gastrointestinal- Sections, RadiationChemotherapy.

大腸がんは、大腸(結腸・直腸・肛門)に発生するがんで、腺腫という良性のポリープががん化して発生するものと、正常な粘膜から直接発生するものがあります。日本人ではS状結腸と直腸にがんができやすいといわれています。

大腸の粘膜に発生した大腸がんは次第に大腸の壁に深く侵入し、やがて大腸の壁の外まで広がり腹腔内に散らばったり、あるいは、大腸の壁の中のリンパ液や血液の流れに乗って、リンパ節や肝臓、肺など別の臓器に転移したりします。

https://ganjoho.jp/public/cancer/colon/

 Gastroenteritis 胃腸炎

 Gastritis - inflamed stomach. Enteritis –  irritated intestines (usually small intestines) Gastritis - Stomach is inflamed or irritated by infection or something eaten. Severe abdominal pain. Constant vomiting. Cannot hold down food or water. Feels like hunger pains. If throwing up yellow clear liquid it is severe. Fluid is digestive juices. Need to take small sips of water or liquid with electrolytes. Room temperature or warm. Ride it out for 24 hours.

 Enteritis 腸炎

Full blown irritation of the intestines. Diarrhea. Will continue going until only clear liquid is coming out. Concern is dehydration, need some electrolytes. Need to ride it out for 24 hours.

 Gastroenteritis 胃腸炎

Going from both ends at the same time. Usually caused by a viral or bacterial infection. Need to go on a BRAT diet. Banana, Rice, Apples, Toast. 2-3 days until normalized. Massage is contraindicated.

胃腸炎とは、胃や腹部の痛み、吐気、嘔吐、下痢等の症状が起こることを言います。 通常、胃腸炎の原因は細菌やウイルスによる感染することで起こりますが、毒性の化学物質や薬の摂取が原因となることもあります。 また、発熱することもあり、頭痛や倦怠感を伴うこともあります。 一過性のものが多く「急性胃腸炎」といいます。

 Peptic ulcer 消化性潰瘍

Hole in the gastrointestinal lining. Where the ulcer occurs in the gastrointestinal sytem determines the name. Gastric ulcer- stomach ulcer most common. Duodenal ulcer –  next most common.

 Helicobacker pyroli is usually the cause. Your body can no longer fight this bacteria. Normal digestion will usually flush it away. Stress reduces acid production and doesn’t kill off the bacteria quickly. Bacteria reproduces. Digests an area. Creates an ulcer. Symptoms are heartburn and burning pain. Usually after .  - 2 hours after eating. Relieved by anti-acids. Treatment by antibiotics and coating medication (anti-acid).

消化性潰瘍は、食物を分解するはたらきをもつ胃酸や消化酵素が胃や十二指腸の壁を深く傷つけてしまうことによって起こる病気です。胃の粘膜がヘリコバクター・ピロリ菌に感染することが主な原因です。最近では薬剤(非ステロイド性抗炎症薬)によって起きる薬剤性潰瘍も増えています。
ピロリ菌に感染すると、胃や十二指腸の粘膜に炎症を起こしたり、粘膜の表面を守っている粘液が減ることで粘膜が酸によって傷つきやすくなるため、そこから潰瘍ができます。
また、薬剤性潰瘍の原因となる非ステロイド性抗炎症薬も、粘膜を傷つけてしまうはたらきと、粘膜を保護する力を弱めてしまうはたらきがあるため、潰瘍が起きやすい状態となります。

消化性潰瘍ができると、お腹の上のほうやみぞおちのあたりに鈍い痛みを感じることが多くみられます。空腹時に痛みが強くなることが多く、食事をとることで軽くなります。
また、潰瘍ができる部位によっても症状は異なり、胃潰瘍では食後に痛みを感じることがあります。一方、十二指腸潰瘍では夜間に痛みを感じることもあります。
そのほか、吐き気や胸やけを感じることもあります。潰瘍から出血すると、嘔吐物や、便に血液がまじってきます。嘔吐物にまじった血液は、少量のときは黒いススのようにみえます。大量の出血の際は出血した血液をそのまま嘔吐する吐血になります。便に出るときは黒い便になってきます。

https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/kaiyou.html

 Appendicitis 盲腸・虫垂炎

Inflammation of the appendix. No longer working. Bacteria causes swelling. It can burst. Pain in lower right quandrant. Nausea, fever, vomiting. Hot & inflamed in lower right quadrant. Sensitive to touch. If it ruptures it can be fatal. Infection in all abdominal spaces. Treated with 2 weeks of IV antibiotics.

急性虫垂炎は、異物や糞石などが原因で、虫垂内の閉塞(へいそく)がおこり、二次的に細菌感染を起こす化膿性の炎症です。虫垂に穴のあいた場合は、穿孔(せんこう)性虫垂炎といいます。手術する時期を逃すと、腹膜炎などの重い合併症を起こす可能性があります。
<症状>
必ず出る症状は腹痛です。腹痛は上腹部、またはおへそ周辺に突然始まり、時間とともに右下の腹部(回盲(かいもう)部)に移ってきます。時に嘔吐、吐き気がおこります。ガスが出たり、便がでなくなったりします。虫垂に穴があき、汎発性の腹膜炎をおこすと、お腹全体の強い痛みが生じます。37~38度の発熱と白血球が増加することもあります。

https://www.onaka-kenko.com/various-illnesses/large-intestine/large-intestine_03.html

 Gall bladder diseases C

Cholelithiasis 胆石

Gallstone stuck in bile duct. Bile, cholesterol and crystals form gallstones. If gall bladder is not working properly, gallstones are surgically removed. Upper right abdominal pain. Severe backache in upper thoracic. Pain similar to appendicitis. Pain in that area needs medical attention Massage won’ t make it worst.

胆石症とは胆石(胆嚢や胆管にできる結石)によって引き起こされる病気の総称です。肝臓で作られた胆汁は一度胆嚢に蓄えられた後、胆管を通って十二指腸に流れます。その胆汁中の成分が析出することにより石となります。多くは胆嚢で石となるためそれを胆石(胆嚢内結石)と呼びます。まれに胆管(肝内胆管、総胆管)に石ができることもあり、それらは肝内胆管結石、総胆管結石と呼ばれます。

http://www.tmd.ac.jp/grad/msrg/gallbladder/cholelithiasis.html

 Cirrhosis 肝硬変

Decreased function of the liver. “Enlarged Liver”. “ Liver is dying”. Lose ability to digest medication, bile generation. Alcohol is the main cause for enlargement. Skin becomes yellow “ jaundice”. Eyes first. Nail beds next. Progressive, terminal unless gets a liver transplant.

肝硬変とは、B型・C型肝炎ウイルス感染、多量・長期の飲酒、過栄養、自己免疫などにより起こる慢性肝炎や肝障害が徐々に進行して肝臓が硬くなった状態をいいます。 慢性肝炎が起こると肝細胞が壊れ、壊れた部分を補うように線維質が蓄積して肝臓のなかに壁ができていきます。

https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/kankouhen.html

 Pancreatitis 膵炎(スイエン)

Inflammation of the pancreas. Main cause in Hawaii is diabetes. Elsewhere the main cause is alcohol. 

Signs and symptoms like enteritis or IBS --> High blood pressure and fatigue --> High level of amylase in blood.

 Can’ t digest fat. Watch fat intake to avoid acute episodes. Usually hospitalized for 7-9 days. IV medication works well initially. If worsens, need to remove pancreas and become depend on drugs. Progressive, final stage is death. Massage may comfort, but doesn’t relieve pain. Abdominal massage will require a medical referral.

急性膵炎とは、膵臓の急性炎症で、他の臓器にまで影響を及ぼし得るものです。急性膵炎の2大原因は、アルコールと胆石です。急性膵炎の最も多い症状は、上腹部痛ですが、背部まで痛みが広がることもあります。ほか、嘔吐、発熱などの症状や、状態が悪化すると、意識障害やショック状態など重症化することもあります。

慢性膵炎とは、膵臓の正常な細胞が壊れ、膵臓が線維に置き換わる病期です。慢性膵炎の原因は、男性では飲酒が最も多く、女性では原因不明の特発性が多くみられます。慢性膵炎では、膵液の通り道である膵管が細くなったり、膵管の中に膵石ができたりして、膵液の流れが悪くなり、痛みが生じると考えられています。慢性膵炎の初期段階では、膵臓の機能は保たれており(代償期)、腹痛が主な症状です。慢性膵炎が進行すると、次第に膵臓の機能が低下し(移行期)、さらに進行すると、膵臓の機能は著しく低下し(非代償期)、消化不良をともなう下痢や体重減少、糖尿病の発症や悪化が生じます。

http://www.jshbps.jp/modules/public/index.php?content_id=17

Endocrine-Pathologies

 Endocrine system pathology is usually

Hypersecretion, or too much 過分泌

Hyposecretion or too little 分泌不全

Homeostasis of body requires a balance between endocrine secretions. Pancreas pathologies. Controls insulin / glucose levels. Hyperfunction results in an insulin reaction. Body is flooded with insulin, glucose level drops. Hypoglycemia is the drop of sugar levels. Brain is deprived causing confusion and weakness. Hypofunction results in Diabetes Mellitus (糖尿病). Cells stop absorbing glucose. Excess glucose in the blood acts as a diuretic. First symptoms are dehydration, excessive thirst and urination. Body can’ t use glucose, it switches to fat for energy. Fat breakdown results in high level of ketones, raising the acidity of blood. Can result in a coma.

 Two types

Type I

More severe and happens at a younger age. Controlled by diet and daily insulin injections. Daily insulin injections require monitoring of glucose levels. Daily insulin can also be administered with a pump.

 Type II

In most cases happens in adults. Heredity and obesity are major contributing factors. Controlled by diet and oral medication. Weight loss is important first step.

 Complications from diabetes:

  • Arteriosclerosis
  • Infection
  • Kidney disease
  • Heart attacks
  • Eye problems
  • Nerve damage

Massage is very indicated but should be with medical supervision.

 Pituitary Gland pathologies 脳下垂体

Growth hormone. Hypersecretion can result in acromegaly or gigantism. Treatment is usually surgery or radiation to reduce GH production. Hyposecretion can result in dwarfism. Treatment in children with synthetic growth hormone.

  • Controls metabolism
  • Hyperthyroidism
  • Expothalmos-bulging eyes 眼球突出
  • Enlarged thyroid 甲状腺肥大
  • Tachycardia 頻脈
  • Diarrhea 下痢
  • Excessive sweating
  • Hyperactivity

 Second most common after diabetes. Usually affects women. Grave’ s disease is a form of hyperthyroidism. Usually treated with medication. Can be treated with radiation, or surgery.

 Hypothyroidism 甲状腺機能低下症

Loss of hair, Normal or small thyroid, Brachycardia, Constipation, Cold intolerance, Muscle weakness, Edema of extremities.

 Usually caused by treatment for hyperthyroidism or Autoimmune dysfunction. Responds well to oral medication. Massage is indicated. Massage can be beneficial in helping the client manage the symptoms. Need to be cognizant of room temperature for clients with hypothyroidism.

甲状腺機能低下症は、血液中の甲状腺ホルモンが不足した状態をいいます。甲状腺ホルモンは代謝を調節するホルモンですので、不足すると次のような様々な症状があらわれます。適切な治療を行うと症状は改善します。
甲状腺機能が正常の橋本病の方は、甲状腺が原因で下記のような症状はあらわれません。

(1)むくみ(2)皮膚症状(3)寒がり(4)食欲がないのに体重増加(5)脈が遅くなる(6)無気力(7)筋肉症状(8)月経の異常

https://www.ito-hospital.jp/02_thyroid_disease/02_5_2symptom_hashimoto.html

 Hypofunction results in a disease known as Addison’ s disease. Signs include, Weight loss, Dehydration, Anorexia, Decreased tolerance  to cold.

 Massage helps control cortisol levels. Stress level management is a important part of therapeutic care.

Recommend

1

カンボジア旅行の続きです 好きになっちゃうよカンボジア アンコールワット遺跡を見てその日のうちにシュリムアップから、首都プノンペンに移動。 さすが首都、人口が多い!!バイクも隙間なく走ってる!そしてみ ...

2

飲んで予防するHIV感染対策のお薬 噂には聞いていたPrEP。カナダにいた頃からちらほら聞いていたけど、まだ整備されていなくて十分な情報もなく、そんな薬があるんだか、ないんだか、半分くらいその存在を疑 ...

3

第1回ハワイテニスオープンに行ってきたよ 同僚に教えてもらうまで知らなかったけど錦織君がハワイに来てるんだね。 https://hawaiitennisopen.com んでもってハワイで最初のテニス ...

-ハワイ生活, マッサージ
-, , , ,

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.