脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

ハワイ生活

年上のお姉様に恋する乙女 -ゲイの海外生活-

投稿日:

最近Perfumeのダンスコピーで仲良くなったNちゃんのさらに友達のMちゃんにも誘ってもらってホームパーティしてきました。交友関係狭いからこういうお誘いを頂けるのはすごく嬉しい。

で、ですね、Mちゃんはレズビアンなんだけど、恋愛熱が絶賛高熱発電中みたいで、とにかく悶々としてる。そんな話を友人が持ってきてくれたメキシコ料理と一緒に堪能してきた。

Tomaちゃん
サルサみたいにグチャグチャ混ざり合う感情とスパイシーなフレイバーにぴったり。

なんでもアメリカ人との恋愛は初めてで、どうやって距離を取ればいいのか分からず、ついたり離れたりの距離を測りかねて一度は関係を終わらせようとした模様。

でも週末にタコス食べながらあれこれ話しているうちにも相手のことで頭がいっぱいの様子。

自分でもどうしていいか分からない。向こうからのアプローチが情熱的であっという間に距離が縮まる感じに戸惑ったそう。それについて話そうともしたけどここはアメリカ。英語の壁が立ちふさがって上手く伝えられなかった。

英語の上達に一番手っ取り早いのは恋愛することってよく言うけど、、、

そもそも恋愛するって高等テクニックだと思う。とくに言葉にるコミュニケーションから互いの共通点、相違点を見つけることは同じ言語でだって難しいのに、英語となればうまく表せなくて当然。またアメリカ人だと多くの人が “Let’s talk” って言ってとにかく話し合うことで解決しようとする。場の空気を読んでなんとなく推し量った配慮や行動で解決ってのが難しい。いいところでもあるんだけど話し合うって、まあ、エネルギーのいること。

相手の言ってることを、相手が意図している内容で理解して、わからなければ質問をかえしてクリアにしなきゃいけないし、それにあった返答をしなきぃけない。

ヌーン
時にはわかった上であえての無視とかも必要だろう。

耳が英語に慣れていても感情的になっている人の発音とスピードについていけるだろうか?普段日本語から英語に変換してから言葉にしている人が英語から考えて英語で返してくる相手のレスポンスについていけるだろうか?

自分の英語力にもよるけど、うーんと、相手がよっぽど我慢強くなければ、なんていうか、、、辛抱強く聞いてくれる、いくつものつまづきも待ってでだえ、そのなんていうか、自分の話を聞いてくれる人でなければ、たったひとつの内容を言うためだけに、何度も何度も何度も同じような表現を聞いても、待ってくれる人でなければ。。。

もうだめニャ
普通イライラして聴いてられない。

それより先に自分の脳内で生成された「言いたいこと」が溢れて相手を待つなんてできない。そうすると英語力がない相手は前の内容さえ処理しきれてないのに次の内容に呻くくらいしかできない。

残念ながら、日常会話ができるようになって、仕事で日常的に英語を使っていても、恋愛やジョークなどの日常会話はそれらの遥か上をいく、超超超高等テクニック。

正直4年目を迎えた今でも難しい。まあ、今回は幸い1対1だからまだマシかな。グループになったらもうマジでお手上げ。

そんな恋愛にうまく使いたいテキストメッセージ

で、英語力がなくて相手の弾丸トークに晒されて穴だらけににならないようにするために有効なのはテキストメッセージ。これなら、相手も送ってこれる文章は口頭より少なくなるし、エキセントリックに長文を送ってくる人でなければ、相手の反応を待って返信してくる人が大半。

それでもミサイルの打ち合いになるようなもんだけど、一方的に連続射撃されるよりマシ。

それに、友達に相談しながら返信できる。相手はまさか5人くらいが画面の向こうで恋愛作戦会議を開いてるなんて思いもしないだろうけど、まあこっちも余裕ないんで借りれる手は借ります。

言葉だけじゃない、身体も恋愛の要素

さて、話し合いはなんとか乗り越えるしかないんだけど、恋愛は言葉だけのプラトニックな関係で終わらないのが大半で、人間誰しも好きな人の身体に触れて喜びを共有したい!あなたの奥に触れて他の人には見せない特別な時間を共有させて!ってなる。

Tomaちゃん
至極真っ当。SEXなしで恋愛やってられっかー!

まあ、 SEXのスタイルはいろいろあるだろうからここでは触れないけど、Mちゃんが問題にしたのは20歳年の差による身体的に満たされない要求。

腰が痛くて一緒に寝られないらしい。

そうかぁ、そんなこともあるよね。。。。自分は経験したことない内容だから考えさせられちゃった。SEXのことはさておき、歳を重ねると睡眠ひとつにも自分のスタイルがあるし、年齢的に無理が出来なくなってくると、大切な睡眠を愛する恋人のためといっても毎日のことで自分に無理させるわけにも行かなくなる。

うーーーん、、、、確かに。。。自分も睡眠の質が落ちるくらいならベッドは別にしたいかも。明日も明後日も現役バリバリで働く身にはちゃんとした休息が必要。でもだからって貴方と一緒に寝るのが嫌ってわけではないんだよ!ただ、年齢には勝てないこともあるんだ!

貴方ならどうする?

自問自答だけど、自分ならどうするだろう、仕事もあるし、友人付き合いもある、パートナーのことだってもちろん大事。でも一緒に寝るのは負担が自分にくる。自分が健康でないのに生活がハッピーになるわけない。一緒に寝れないだけならまだしもSEXができなくなったら?何か代わりで埋め合わせられるの?誰かに代わってもらうの?

もっと最悪なのは相手の重みになってしまったとき。。。これ以上は怖くてそう以上想像したくない。。。。

悲しいかな、元気バリバリなんでもバチこーーーい!って年齢は人間の寿命の割に短い。。。

個人的に思うところ

自分のパートナーには、楽しめるならできるうちにいろんな事をして、いろんな人と出会って、世界の可能性を楽しんでほしい。そこにSEXも含まれる。まあ、SEXばっかりされもって気もするけど、それならそれで突き抜けるところまで行って、1億人と体を重ねた億万の秘儀を知るSEXセラピストとかになってほしい。

みんなはどう思うんだろう?

Recommend

1

カンボジア旅行の続きです 好きになっちゃうよカンボジア アンコールワット遺跡を見てその日のうちにシュリムアップから、首都プノンペンに移動。 さすが首都、人口が多い!!バイクも隙間なく走ってる!そしてみ ...

2

飲んで予防するHIV感染対策のお薬 噂には聞いていたPrEP。カナダにいた頃からちらほら聞いていたけど、まだ整備されていなくて十分な情報もなく、そんな薬があるんだか、ないんだか、半分くらいその存在を疑 ...

3

第1回ハワイテニスオープンに行ってきたよ 同僚に教えてもらうまで知らなかったけど錦織君がハワイに来てるんだね。 https://hawaiitennisopen.com んでもってハワイで最初のテニス ...

-ハワイ生活
-, , , , , , , ,

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.