脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

トロント生活

ナイアガラのおまけ-ゲイのカナダ・トロントワーキングホリデー

更新日:

🔹TOPIC:行き方紹介🔹

ナイアガラの思い出が、すべて懺悔の思い出で、全然行き方とかホテルの情報とか書いてなかった。ので簡単に紹介。

ダウンタウンからナイアガラ行きのバスが出てる。受付にコーチとメガバスのラインがあるのでどちらか選択。ホームページはこちら。印象はメガバスの方が便数が多い。

片道でも往復でも選べるけど、大体片道15~20ドルくらい。土日は混むので予約できるなら予約しといた方がいい。当日でも取ることは可能なので行き当たりばったり旅でも大丈夫だと思う。

場所はElm stとElizabeth stのところ。 高速を2時間くらいでナイアガラまで運んでくれる。途中バスストップに止まるけど、終点までなのでそのまま乗っておく。不安にならないようにね。(ただし、カジノ行きのもあって、こっちの方がナイアガラまでは近いけど、バスのアナウンスをちゃんと聞いておかないと混乱する)

何にもないナイアガラのバスストップに着いたら、帰りの時間も確かめておこう。なんなら買っておいてもいいと思う。

そこからは地図を頼りに歩いても30分。うまくタクシーが捕まれば10分くらいでナイアガラの滝があるところまで連れてってもらえる。

ちなみに自分が利用したユースホステル、HI-Niagara Falls Hostelもバス停から近いので先にチェックしておくといい。

クルーズは夜は大して濡れないけど、昼間はずぶ濡れになるので、ビーサンで参加するのがベスト。

ナイアガラのホテル街に行けばご飯も食べれるし、蝋人形館やゲームセンター、チョコレートの製作が見れるお店、小さな遊園地みたいなものもある。

でも一番のオススメは蝶園。 ここは確か世界一の規模の蝶園でドーム内を自由に散策しながら蝶を身近に観察できて、なんだか別世界を体験出来る。

-トロント生活

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.