脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

トロント生活

ホームステイ先ってどんな感じ? -ゲイのカナダ・トロントワーキングホリデー

更新日:

🔹topic1:ホストファミリーも気持ち次第か?ワーホリでの線引きは?🔹

ホストファミリーに関する、相性というか、ご飯とか生活習慣とかは。。。そういったものはくじ引きみたいな物。

引いてみないとわかんないし、当たりもあればハズレもある。つーかハズレの方が多いと思って臨んだ方が心持ち楽かもね。 だって全然違う生活習慣の、全然違う文化の家庭に飛び込むのだから、自分の基準から「外れる」ことのほうが当たり前のように多い訳で。ただ自分は、高校生の時にメキシコに1年留学してたこともあって、裸足で走り回って、天井のないクラブ(と呼んでいいのか?)で踊ったり、灌漑用用水路で泳いだりもしてたので、結構どこでもやってける自信があった。

人によっては初めてのことで、日本の常識とは違うことも多く「ムリ!」ってなる人もいるだろう。 でも、自分の常識だと思っていることがどれほど狭い”常識”で、簡単に”非常識”になるかを知るいい機会だと思う。僕自身何度も「こんなのありえない」と思っていても意外に彼らの周りではあっさり受け入れられていて、自分が育ったところで当たり前だったことだと気づかされることも多かった。

彼らからすればお風呂に浸かることも滅多なことで、バスが時間どうりに来ないのが日常。卵は生で食べたら病気になるものだし、女性のためにドアを開けるのが礼儀。なんて例も時と場合、人によって入れ替わる。生まれた時にペニスの皮を切るし、陰毛は短く切り揃える。お箸を髪留めの代わりにして頭に刺す。タバコは1本から買う。医療用でも路上でも大麻は手に入るし、それを通報することもない。

Tomaちゃん
だからと言ってその全てを受け入れられる訳でもないので線引きはしていいと思う。

🔹topic2:ホストを変えるのも選択肢の一つ。短期ならそれも我慢できる?🔹

さて、僕がお世話になったホームステイ先のこと。

20代の娘さんとそのお母さん、おばあちゃんの3人家族。確かアラブ系だったはず。。。ちょっとうる覚えで申し訳ないが。。。 なんでも娘さんが近々結婚するとかでなんだか忙しそうだった。本人はウキウキで招待状を選んだり、リボン一つ一つの色を選んでた。家族を交えての食事会も頻繁だったし、親戚も多いらしく、よく外出していた。ただ、その席に呼ばれたことは1度もない。もう一人の男の子も呼ばれてなかった。彼はもう1年近くもここにいるというが。そこは彼らの線引きだったみたい。ベテランホストファミリーともなるとこういったのも慣れているのかも。

お家の中はキッチンをリフォームするとかで、着いて2週間目くらいから台所が仮設になった。別段料理をする必要もなかったので良かったけど、もし長期で滞在するってなったら大変だったかも。台所ってルールが存在するもんね、その家庭の、料理を支えてる人の最適な場所に最適にものが置かれてるので下手にイジルことが出来ない。

お風呂はバスタブがあったけど基本的にはシャワーのみ。お湯はためないでと決められていた。冷蔵庫もいっぱいだったので何かを入れるのはためらわれた。布団は今までにもたくさんの人が使っているので真ん中がへこんできてて、随分使い古されてる感じだった。 あとは遠かったかな。。。ダウンタウンまで1時間以上かかるのはやっぱり不便。 あー、あと食事がなかなか、、、、2ヶ月以上はムリだったかも。

ありがたいんだけど、ポテトと肉だけで、、、あとはヨーグルトとおやつ。栄養が偏ること間違いなしだった。

とまあ、文句ばっかりに見えるけど、こういったのは譲って我慢するところだったし、2ヶ月という短期間(実際には家が見つかったので1ヶ月と半分くらい)なら全然耐えられるものだった。大したストレスでもなかった。

エージェントの紹介とあって信用できたし、実際みんな優しいし、質問にもいろいろ答えてくれた。でもホストファミリーとの交流という上では希薄だったかもしれないけど、長居するつもりもなかったのし、自分がゲイであることをこの家で公表していいのかとかもわからなかったので、自分としてもこれくらいで良かったかな。

Tomaちゃん
もし1年の留学でずっとホストファミリーにお世話になるつもりの人は、途中で変えることもためらわない方がいいと思う。長いようで短い1年、できれば貴重な体験を楽しく、多くしたいところ。

自分に合わないと思うならさっさとエージェントに相談して変えるべきだろう。 それでも次のホストが自分にベストマッチ!となるどうかは分からない。運が良ければ1発目で最高のホストファミリーに出会えることもあるのだから。でも、我慢も大事と心得た方がいいと思う。

-トロント生活

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.