脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

トロント生活

携帯電話はどうするよ?-ゲイのカナダ・トロントワーキングホリデー

更新日:

🔹Topic1:iPhoneの脱獄はむずかしい🔹

現代社会では必須な携帯電話。

選択肢は結構ある。 随分悩んだけど、最終的にレンタルでiPhone4の16GBを借りることにした。最初は持って来たiPhoneを日本の電話会社からの縛りを違法に解く、脱獄、をしようとしてたんだけどコストの面で断念した。

現地の携帯会社、その他カナダ人、アップルストアの人、みんなに聞いたけど、あまり得策ではなさそうだったしね。

 

ヌーン
試して失敗したとか、脱獄装置がどこで手に入るのかわからないとか、チャイナタウンの怪しい店にいけばあるかもしれないとか、、、、。

 

それならワーホリ向けのディスカウントを行なってるレンタル会社でiPhoneをかりて、地元の老舗の電話会社の電波を使い、帰るときにはパソコンにバックアップをとったほうが1種類のデバイスで移動できるから便利だと思う。

まあ、16GBとかどうしようもない容量については我慢なわけだけども。。。。

利用したのはPhoneBoxという日本語も対応してくれる会社。

オフィスに出向いて毎月の支払いもできるし、ネットバンキングのアカウントがあればネットで決済もできる。僕はこれを利用してたので、家で支払いができて楽だった。

 

もうだめニャ
冬場にわざわざ支払いのためだけに氷点下を歩くのは少しでも避けたい。

 

ちなみにいくつかあるうちのTELUSという会社の電波にした。新規参入のWINDなんかもよさそうだったけど、iPhoneが使えないし、電波が市内限定で地下にいくと繋がらなくなることもしばしば、、、、メリットはネットが使い放題というところ。

カナダでは電話をかけたほうも、電話を受けたほうも通話料がかかるので、ラインやWhat's upなどのフリー電話(実際にはネットを使ってるのでパケットがかかる)で電話をする人も多い。

🔹Topic2:トロントのWi-Fiはダウンタウン限定🔹

なのでデータ量を多く取るプランのほうがお得かもしれない。なんせ、留学生なんかは地図アプリをよく使うのでデータは重要。

Tomaちゃん
データ量は把握したほうがいいのでアプリも活用するといい。 My data manager

ここカナダネット使い放題プランなんてものがなくてすべてデータ量に応じて加算される。なので大手が使い放題を出してない分、新規参入の会社もそれなりに魅力的だと思う。ただ、無料のwifiも結構市内は見つけることもできるので、今のところ周りの声を聞く限り心配しなくても良さそう。

ただし、それはダウンタウンとか、大手カフェチェーンでのみだと心得たほうがいい。それにカフェのインターネットもスピードが遅いので日本のようにサクサクっとはいかないので、直ぐに調べなきゃいけないというシーンではスマホに頼ったほうが早い。

オリジナルTシャツ

-トロント生活

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.