脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

ハワイ生活

ハワイでNo.1ユーザーになった-ゲイの海外生活−

投稿日:

7月も終わる。。。8月がくる。。。猛暑がやってくる。とかいいつつ、日本が37度を記録する中ハワイは31度。そう、意外に暑すぎないハワイ。

湿気も少なくカラッとしているので夕方になると山から吹いてくる風のおかげで24度くらいまで下がってきて外で過ごすのが気持ちいい。

とはいえですよ、昼間に外回りが地獄なのに変わりないわけです。

もうだめニャ
暑い。。。。

ハワイで悠々自適なリタイヤライフ!ではないので、ワイシャツ、革靴で汗かきながらサラリーマンやってるわけなんだけど、ワイキキって7キロ平米しかないんだよね。なので、車で移動するよりも自転車で回る方が断然小回りがきくし、駐車場問題も関係ないので断然便利。

Bikiって言うシェアバイクもかなりハワイの移動手段として浸透してきたみたいで、観光客だけじゃなく、明らかに地元で生活してる人たちが乗ってるのもたくさんもいかけるようになった。資料では64%がハワイに住む人!

新聞の報道でもハワイのシェアバイクは成功例にはいるらしく、ステーションも今では130まで増えてきた。今では西はダウンタウンを超え、チャイナタウン、さらに向こうのドールキャナルがあるところまで、東はカピオラニコミュニティカレッジまでのびてる。

会社で毎月$15のメンバーフィーを払ってもらってるのでプライベートでも乗りまくってる。

ANAとのコラボで話題のホヌ号に乗れるチャンスも

このBIKIの自転車、車体に広告も載せられるようになっていて色んな企業が広告を出してるんだけど、こないだANAとのコラボもあって最新の2階建てジャンボのホヌ号広告も登場!しかも写真を撮ってSNSにアップしてフォローもすれば日本との往復券が当たるキャンペーンもあった。

BikiのNo.1ユーザーとしては見捨てて置けない!って事でもちろん参加してみたけど。。。。結果は残念ハズレ。

ホヌ号乗ってみたかったなぁ。。。

そうNo.1ユーザーなんです!

ある日Bikiの運営チームから1通のメールが。なんと去年年間でNo.1ユーザになったみたい。何がどう1番かと言うと、年間利用回数で1500回以上の利用があったとのこと。

単純計算で1日平均4回乗ってることに。

てか、多分だけど、1500回以上ってのは実際何回だ?って思うと実はもっと乗ってる気がするんだよね。だってこないだ会社に行って家に帰ってくるまでに6回乗り継いでたことがあり、それも結構毎日のように。。。。

ちなみに男性、女性に分けられてて女性は1位の人が1250以上ってなってた。

Bikiのいいとこ

こっからはBikiあるある。ま、なんせハワイで1番Bikiに乗ってるんでね

Bikiの一番いいところはメンテナンスを自分でしなくていいところ!

ハワイで自分の自転車を持っていた時は盗まれることもあったし、道路の状況が良くなくてパンクすることがしょっちゅう。でも シェアバイクなら運営会社に任せられるし、ステーションに修理マークがついたボタンがあって不具合のある車体はユーザーの報告で修理依頼が出せる

ステーションの数が豊富!

今では130のステーションに1300台のバイクがある。ワイキキを中心にダイヤモンドヘッドからダウンタウンまで観光客だけでなくハワイに住む人にも便利!

自分に合った料金プランを選べる

  1. ひと月$15で1回の乗車を30分以内なら何回でも!
  2. $20で300分間を好きな長さで
  3. ひと月$25で1回の乗車を60分以内なら何回でも!!
  4. $3.50で30分いないの乗車
Tomaちゃん
これだけのプランがあれば1回だけ使いたい観光客にも中長期の滞在者にも有難い

ギフトとしてあげられる

上のプランのものをギフト券にして人にあげることができるのでちょっとしたプレゼントにもなる。

ステーション追加、移動のリクエストができる

この数年の間にステーションの移動がしばしば合った。運営側のマーケティングもあるだろうけどユーザーから直接リクエストを出すことも可能!こういう運営側の姿勢もうれしい。

運営が若く成長を感じさせてくれる

運営はCity and Counrty、Bike Share Hawaii、Secure Biki Share Hawaii LLCと公的機関、NPO、プライベートカンパニーの合同になっていてそれぞれの運営によって資金、マーケティング、メンテナンスが行われていてバランスが良さそう。

CEOにはかなり若手の人が就任していて、オーストラリアの大学でビジネスコースを修了したみたい。そのほかにもカスタマーサポートの経験が豊富なマネージャーやテクノロジーに強い若手が活躍していて今後の成長にも期待。

サポートにも色んな企業が

Hawii Paciofic Helth

ANA

hmsa

Ulupono

Hawaiian Electric

American Saving Bank

Ward Village

PBSC

Tori Richard

などなど、日本の企業も含めハワイの会社も参加していて今後のコラボ企画もあるかもしれない。

Bikiの困っちゃうこと

サドルのハンドルがめちゃくちゃ硬いことがある

サドルを調節するのにサドル下のハンドルを緩めるんだけど、どんな怪力で閉めたんだっていうくらい硬いことがある。諦めて別の車体を選ぶくらい。

サドルがめちゃくちゃ高い時がある

アメリカ。身長の大きな方が多いんだとおもうんだけど、時々3メートル越えの巨体じゃないと無理なんじゃないかと思うくらいサドルが高いことも。167センチの身長の自分の胸に届くほどの高さの時がある。

ハンドルに黒い粉がつく

太陽の光が強いせいか、ゴム製の黒いハンドルがボロボロになって黒い粉がつくことがあって、結構気持ち悪い。

サドルが熱々

基本的に外にステーションがあるので晴天多いハワイだとサドルがお尻が焼けるほどの熱さ。

たまに整備不良の自転車に当たる

ぱっと見は普通なのに、乗ってみたらペダルが歪んでたり、ハンドルのゴム部分が外れてたり、ギアチェンジが効かなかったり。。。最悪なのはパンクしてた時。

モバイルアプリの不具合

たまーにアプリのほうがシステムダウンを起こしていて乗車コードを発行してくれない。そんあときはカードを差し込めば大体大丈夫。

カードのバーコードが消えかかっている

カードばかり使っていると段々とバーコードのところが擦れて消えてしまい。。。

Tomaちゃん
新しいカードを申請しないといけない。

乗りたいところで在庫0!降りたいところで空きが0!

特に忙しい朝に起きると最悪でいつも乗っているステーションに在庫がゼロ!そんな時に限って近所の別のステーションもゼロ。

もしくは目的地の最直近のステーションに空きのロットがなくて自転車が返せず1番近いステーションもまあまあ遠い。

返却したつもりで返せてなかった

これが1番恐怖なんだけど、自分ではちゃんとステーションに返したつもりだったんだけど、実は返せてなくて、再度使おうとした時にコードが発行出来ず随分時間が経ってからその事実に気づいた時。運良く今まで最悪の事態は免れてるけど、誰かに乗り回されて超過料金だけが請求されないとも限らないし、そうじゃなくてもプランによっては超過料金を請求されることも。

ヌーン
とまあ、こんなところかな。なにわともあれ便利なBiki今後の展開にも注目したい。個人的にはスマホの充電機能が着いたらいいなーって思ってる。

Recommend

1

カンボジア旅行の続きです 好きになっちゃうよカンボジア アンコールワット遺跡を見てその日のうちにシュリムアップから、首都プノンペンに移動。 さすが首都、人口が多い!!バイクも隙間なく走ってる!そしてみ ...

2

飲んで予防するHIV感染対策のお薬 噂には聞いていたPrEP。カナダにいた頃からちらほら聞いていたけど、まだ整備されていなくて十分な情報もなく、そんな薬があるんだか、ないんだか、半分くらいその存在を疑 ...

3

第1回ハワイテニスオープンに行ってきたよ 同僚に教えてもらうまで知らなかったけど錦織君がハワイに来てるんだね。 https://hawaiitennisopen.com んでもってハワイで最初のテニス ...

-ハワイ生活
-, , , , , ,

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.