脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

その他・徒然日記 ハワイ生活

ライブ!宇多田ヒカル in 福岡/ Laughter in the dark -ゲイの海外生活-

投稿日:

念願の!宇多田ヒカルのライブ!Laughter In The Darkに行って来たよ!

このためだけに福岡に行って来ました!幸せすぎる!

宇多田ヒカルが復帰してから2個のアルバムが発表されて、レーベルの移籍もあり、本人もライブがしたいと言っていたので、ずっとこの日を待っていた。2018年のピークはここだと思っていたので、お金も休みもこの日のためにセーブしていた!

ということは残りはもう惰性の2018年になったわけでもあるんだけど、、、でもそれでもいいくらい素晴らしかった!

いざ日本行きのチケットを手に合計10時間時間の旅を経て福岡到着!さあ!

 

 

 

腹ごしらえだ!

 

 

いやだって、健康な精神は健康な肉体に宿るっていうし、健康な肉体を作るためにはいいもの食べたいよね。何より福岡おいしいものいっぱいあるし。

 

ってことでどどーん!

もつ鍋HIBIKIのランチ、牛丼乗せ放題(1回のみ)おばんざい取り放題!¥980なり!(教えてくださった方に感謝!)

サイズはSMLその上のメガ盛りってのがあって、正直普通の胃袋の持ち主ならSでも十分。お肉もかなり乗せられるし、おばんざいもしっかり食べれておかわり自由なのでお腹いっぱいになること間違いなし!

お腹いっぱいになったらチェックインするためキャナルシティにあるドーミーインという温泉が入れるホテルに直行!ちょっと休んだら次は晩御飯!

その間にもクレープ食ったり、まさかの福岡で北海道物産展最終日に遭遇してシュウマイだの海鮮丼にビール飲み比べだのもはやセカンド・ランチくらいの勢いで食ってたから食べれるか心配だったんだけど、、、、

そんな心配しときながら福岡の友達に会えたこともあって、一緒に晩御飯もまずは中洲の屋台でビール飲み、おつまみ2皿食ってから。。。。

もつ鍋、慶州へ

いやーめっちゃうまかった!お腹の具合を心配して2人前にセーブしといたんだけど、あっさり食べられちゃた!全然臭みもなくてダシもすごい透き通ってるのに具材の旨味がぁぁぁぁ、モツのプルモチなお肉にすごく合う。

あー、幸せ。日本最高!ってこの時点でピーク迎えそうになって危なかった。(何がか良くわからんけど)

そんな感じで福岡初日はお腹いっぱい幸せに過ごしました。

で、明けてライブ当日!さあ!今日が本番!いざライブ!

 

 

に向けて朝ごはんだ!

 

 

ジャーン!

市場のあとのせ海鮮どんぶり¥1000!シンプルな海鮮どんぶりが朝からあったかいご飯と味噌汁に合わせて食欲を促す。それに加えてタラの白子に、福岡で食べれるゴマサバのお刺身も追加。脂の甘みが美味しかったー。何気にイカもすごく甘くて刺身醤油のと甘しょっぱい味でご飯が止まらない。

もうだめニャ
あー、朝から本当に幸せ!

さて、ライブはこの日の6時開場なのでまだまだ時間があり、何気に福岡入りしていたうちのおニャーちゃんの提案で太宰府天満宮に行くことに。福岡出身の友達がみな口を揃えていうことには、福岡には観光する場所は皆無で、食べ物しかない!とのこと。

ヌーン
いやなるほど確かに、あんまり行くとこ、見るとこはなくて食べ物情報ばっかり出てくるんだよね。

そうはいってもあの太宰府。

すごい人気で外国人も小学生の遠足も日本人観光客も人でいっぱい。また社殿にいくまでの通りもお店が並んでいて有名な梅ヶ枝餅を頬張りながら、あれこれも目移りうする。

そんななかでも個人的にヒットだったのはこのりんご味の豆菓子。

見た目も鮮やかで可愛いし、煎餅生地の豆をコーティングする生地にりんごのパウダーが付いてて、爽やかな甘酸っぱさ。和洋折衷な感じで日本茶でも紅茶でも楽しめる味。

この後参拝しておみくじ引いてさっさと境内を戻ってきては日本酒の促進販売コーナーに足を止めて「あいすえいじ 3Q」っていうとろみのあるラムネのような日本酒も1本買って帰りました。ちなみにこの後ラーメンも食った。

で!やっとライブへ!

あー、長かった。長かったけど美味しかった。いいなあ、福岡。おいしいよー。

とか思いながら会場に着いて見るともうグッズ販売にもたくさんの人が並んでいて、開場待ちしている人がいっぱい。自分たちもパーカーとTシャツ、お揃いのマグカップを買って見ました。

パーカーシンプルで使い心地いい。もうずっとこれ着てたい。

お目当のグッスを手に入れて時間があったので、たまたま見つけたマリンメッセ福岡の海側にあるカフェで時間を潰した。ここめっちゃ便利。外で寒い思いしなくていいし、トイレもあるし。直前まで快適!入場もすごくスムーズでQRコードで読み取ってなんの問題なく入れた。

サントリーさんのお花で作ったクマちゃんが人気で、他のお客さんをカメラを渡し合いっこしてみんなで記念撮影とかしながらゆったりを開演を待ってた。

Tomaちゃん
でもね、始まっちゃったら終わっちゃうんだよね。。。始まる前からもう切なかった。。。

定刻通りに始まったライブは「あなた」から始まってオープニングは座ったまま聞く人もだんだんと扇情的な歌詞と音色に立ち始め、そこから懐かしの「Travering」や「SAKURAドロップス」ミックスに「Can you keep a secret」が挿入されたり盛り上がってきたーーー!

ってところで新しいアルバムから「ともだち」と「Too Prpud」も披露。ライブならではのアレンジも面白かったし、「Forevermore」の振付師の高瀬 譜希子さんが登場したり(小袋成彬くんがくるかと思ったらいい意味で裏切られた)、日本語で宇多田オリジナルのラップが披露されたりと本当にワクワクした。

何より1番のサプライズだったのは「First Love」のラストサビで2行ぐらい歌詞が飛んだこと。悔しかったんだろうねぇ、曲が終わって会場が暗くなった後に「ああっ」って宇多田の悔しそうな声がマイクに拾われてた。だってその後「初恋」を歌うことになってたし、演出にラストサビ前に長い休止符を挟むのでそのタメの演出のためにもまた歌詞飛んだ?とかトラブルかな?とか思わせたくなかったに違いないと思うんだよなー。

でもおかげで(?)アンコールで再度「First Love」を歌ってくれたのでなんだか得した気分。

そのあとも衣裳替えがあったり、「光」のシンプルな照明演出とか又吉さんとの特設映像だったり、ライブテーマからつづくような「Play a Love Song」が印象的で祈りと希望を感じさせてくれるライブだった。

でもそんな明るい部分を感じさせてくれたのはやっぱり暗く重い人生の沈む瞬間も歌い出してくれるからこそだと思った。

そう一番思わされたのは舞台を中央ステージに変えて「真夏の通り雨」から「花束を君に」を連続で歌った時。終わらない喪失に、迎えられる別れと暗闇で深まる愛情がたまらなくて、震えながら泣かせてくる。

そのあとの「誓い」も「Forevermore」も想いがどんどん純粋になっていって愛以外の他のなにものも入ってこない、怖いくらいの情熱も感じられて胸を打たれた。

 

気がついたらアンコールも終わってライブは終わっちゃってた。

 

その後中洲でご飯も食べたんだけど、、、確か餃子とニラ玉だったかな?多分そんな感じ、もうその後は「ああ、2018年終わっちゃった」って感じでボーっとしてた。

ちなみにハワイに戻ってからもインスタグラムだったりツイッターでライブ動画を検索する日々。(そう、動画撮影OKならいぶだったんだ!けど自分はそんなのとってる余裕がなくて1っこも写真、動画残ってない。。。でもそれでよかった)

Tomaちゃん
ああ、2018年が終わった。

-その他・徒然日記, ハワイ生活
-, , , , , ,

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.