脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

その他・徒然日記 ハワイ生活

ワイキキからココヘッドアーチにいってみた-ゲイの海外生活-

投稿日:

天然のアーチの下で大自然を感じるトレッキング

 

今回はワイキキからUberを使っていって来ました。

 

ちなみに前回は友達の車でさらっといって来たのでこれから行く人にはあまり参考にならないかもしれないので、今回はもうちょっと詳しく書いてみようと思います。

死ぬかと思う急斜面ーゲイのハワイ生活-

ハロナ潮吹き岩展望台を目指せ!

Waikikiからハロナ潮吹き岩展望台(Halona Blowhole Lookout)を目指します。位置的にはワイキキからずっと東、ハナウマベイよりももう少し東になります。ザ・バスで行く場合にはほとんどの経路で最寄りのバス停からかなり歩くことになります。ちなみにバスなら1時間強、Uberなら28分位

今回は夕方4時からの出発だったのでUberを使ってみました。金額はだいたいWaikikiの真ん中から片道$30なので、ザ・バスの一日券$5.50よりかなり割高かな。安くて時間のかかる歩きをとるか、快適だけど割高なUberか迷うね。

せっかくなら映画の撮影地、ハロナ・ケーブにも寄って行こう

ハロナ潮吹き岩展望台についたらせっかくなんで潮吹き岩も観光しつつ、車で来た道を3分くらい戻ります。途中、ハロナ・ケーブも見れるので、時間があるなら下に降りていってパイレーツオブカリビアンの撮影に使われた場所も訪ねてみるといいかも。小さな洞窟があります。

そうじゃなくても最近はミニビーチとしても人気があるみたいで、この日も結構な人が泳ぎに来てました。

ハロナ・ケーブを過ぎるとまた海側に階段が伸びているところがあって、ここに海守地蔵(Japanese Fishing Shrine)さんがいらっしゃいます。ここから反対の山側にトレイルの入り口があります。

トレイルの入り口すぐに車を止めたい場合はここを降りる場所に指定してもいいんだけど、カーブで見通しの悪いところに結構なスピードで車が通って行くので、狭い路肩のこの場所より、ちゃんと広い場所で準備できるハロナ潮吹き岩展望台の方が個人的にはおすすめです。

海守地蔵をに安全を祈願しつつ、山に登る

入り口は2箇所

さて、トレイルですが、僕が知っている限りでは入り口が2箇所あります。片方は入り口が険し目で、途中はなだらか。おそらくGoogleマップに載っているのもこっち。もう一つは入り口が階段状で行きやすく、途中が草むらに囲まれた道。

前回が入り口の険しいほうだったので、今回は草むらを通って行く方にしてみました。とはいっても、険しいとかいう方もゴツゴツした岩場を細かく階段状に上がって行くだけなのでそんなに大変じゃない。どっちかというと帰ってくる時のほうが足場に迷うかな。

 

草むらの道はなんとなく人が通った跡があるのでそれを見失わないように丘陵に沿って上へと登っていきます。途中でもう片方の道とも合流して、見晴らしの良い場所につきます。振り返ればハロナ潮吹き岩展望台も見えます。

また正面からちょっと上を仰げばもうココヘッドアーチが見えて来ます。ぱっと見はわかりにくいんだけど、四角く切り分けられる前の豚の角煮みたいなのがそうです。

伝わるかな?他にいい表現が見つからなかった。。。

アーチを目指して行くとちょっとずつ草木も減っていき、岩の間に自生する草がまだらになってきます。このあたりから斜面が急角度になるので滑らないように気をつけてね!とくに昼間に行くと太陽から隠れられる影もないので足も汗もかくし、岩肌は乾燥してサラサラ滑りやすくなるので慎重に!

Tomaちゃん
10月のこの時期なら風も吹いて涼しいし、時間的に太陽もきつくないので汗はほとんどかかないかな。

いよいよアーチの下へ!

アーチの下側に行くには、ちょうど写真の僕たちが写っているところの左側からか少し降りて行くのが良いと思う。もう片方はかなり険しいので危険だと思う。まあ、アーチの上に登るよりは優しいだろうけど。

ちなみにアーチの上にも行こうと思うえばいけます。ただし、登りよりも降りがめちゃくちゃ怖いです。夕方は風も強いので決死の覚悟かも。

いよいよアーチの下にたどり着くと大きな岩の下でハワイの大自然を味わうことができます。海に向かって左は潮吹き岩、右はハナウマベイ。目の前の海はどこまでも続きます。冬場になればクジラもくるからチャンスがあればホエールウォッチングができるかも。

Tomaちゃん
写真を一通り撮ったらあとはボーーーーッとしてたよ。

まとめ

トレイル自体は30分もあるかないかで結構短くてお手頃。車で直で来れば20分位だから、上でぼーっとする30分を追加しても行って帰って2時間くらいでワイキキから行ってワイキキに戻ってこれます。

お手軽で、ちょっとしたスリルも味わえて、写真も撮れる、ツアーガイドもいらない、もしも時間が余った時なんかにはかなりオススメなアクティビティかもしれない。

 

ちなみに、ちなみに、

10月の日本でいう秋口に行ったわけだけども、今回の草道のほうはなんともハワイらしくない雰囲気というか、ちょっと珍しい気もする風景が撮れました。周りに群生しているのは猫じゃらしの仲間っぽいんですが、それが夕方の光の中で風にたなびいてまるでススキ道を歩いているような気分になりました。

 

-その他・徒然日記, ハワイ生活
-, , , , , , , ,

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.