脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

その他・徒然日記 ゲイカルチャー ハワイ生活

PrEPでHIV予防を始めてみた02-ゲイの海外生活-

投稿日:

実際に病院のアポ取りまでが長い

保険の壁

まず最初に電話をかけたのは実際にPrEPを使っている友人に教えてもらったドクターの病院。事前にドクターの名前でググって見ると病院の場所と開いてる時間も表示されるので昼間のちゃんと繋がる時間をチェック。

早速オペレーターにつながってPrEPを処方して欲しいですと伝えると「どちらの保険使ってますか?」とのこと。

でた、保険。以前病気になって緊急病院に行った時もそうだけど、本当この「どこの保険にはいっているか」問題はアメリカでは大きい。まだJ1ビザで働いていた時は一番安い保険を使っていて「そこの保険はうちでは取り扱ってません」と門前払いを食らうという辛い思いをしたことがある。

もうだめニャ
んでもって今回は「UHAです」って答えると「あー、うちカイザー専門なので他当たってください」とあっさり1件目から断られた。

まあ、ドクターの名前検索した時にカイザーグループの名前ついてたからほぼ駄目元でこっちも聞いて見たんだけどね。もはや1度経験してるから特にショックもない。

気を取り直して次!

紹介してもらったドクターがダメだったので次にとったアクションは、

  • 使ってる保険会社に問い合わせてPrEPをドクターを紹介してくださいってメールを送る。
  • 並行してネットでも検索してUHAを適用してくれるPrEPの病院一覧からいくつか電話をかけて見る。

保険会社からの回答は3日くらい経ってから帰ってきてWebサイトにあるドクターレファレンスから探してねみたいな内容だった。遅い。。。

ネットで見つけた病院の一覧は土日もやってるところを優先にかけて見たけど、ほとんど紹介がないと初見さんは見ませんとのこと。でも、そんな中でウォークイン(アポなし)でいける病院を紹介してくれる優しい受付の方と話すことができた。

で、教えてもらったのがWaikiki Health。ここは土曜日もやってて、ウォークインもOK。しかもワイキキの中にある!

Tomaちゃん
ってかそういえばハワイに来たての頃に1回性病検査で立ち寄ったことあったな。すっかり忘れてた。

でも3年も暮らしてると、ここで「あ、じゃあアポなしでいけるんだー」って呑気に構えなくなったよね。絶対先回って電話してアポ取った方がいい。ってなわけで早速電話!案の定、土曜日の検査となると病院に先生がいなくてアポが取れるのが25日後。

まあ、そうだよね。そんな急に行って対応してもらえないもんです。アメリカ。

でもこの受付のお兄さんがとてもいい人で、自分も知らなかったんだけどCo-Pay Cupon Programというのがあってこれを申し込んでおくとあとでメチャメチャ助かるのだった。まあ、どう助かるかは後にして、とにかく自分が入っている保険の内容(番号とグレード)後は個人の住所とか連絡先とか必要な情報を全て先に登録してもらっとく。すると翌日くらいにはeメールで先にプログラムナンバーが発行してもらえる。後日カードも自宅に届く。

んで、とにかくアポを取らないことには先に進まないので25日後でもいいので予約を入れてもらうことに。ここでもこのお兄さん、優しくって「もしかしたら今週の土曜日の朝一でウォークインで行ったら隙間に入れてもらえるかもよ」とのこと。

物は試し、せっかく教えてもらったし早速その土曜日の朝8時半ちょっと前から病院に行って見ることに。結論から言うとこの日はドクターが1人しかいなくてアポありの人優先だったので受けれなかったけど、また受付のお姉さんがいい人で、月曜朝一番の7時半に姉妹病院のMakahiki Clinickに行っておいでと教えてもらった。ここなら多少待つけど、朝一で行けばウォークインでも先生いるので見てもらえるそう。

ヌーン
なんだか病院いくだけでも道のりが長い。。。でもおかげでいよいよ病院で検査してもらえることに!

-その他・徒然日記, ゲイカルチャー, ハワイ生活
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.