脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

ハワイ生活 海外でお仕事

ハワイで人を雇いたい-ゲイの海外生活-

投稿日:

🔹Topic1:忙しい理由を分析しなさいな🔹

最近忙しい、忙しすぎる

と肌感覚では感じていたものの、現状把握もじっくりしていなかった。それもできないくらいに忙しくて何が起こっているのかわかっていなかった。

が、こないだ大きな修繕が終わったのでふと思ったことを別セクションの人に出してもらったら、どうやらハワイに来てから、2年のうちに3割案件が増えているらしいということがわかった。

前から人を増やして欲しいとは思っていたし、何気にアピールしていたけどなかなか動いてもらえず、でも自分が雇い主なら説得されるだけの材料がなければその判断もできないな。ということで詳細を調べレポートとプロポーザルを出すことにしてみた。こういうのが徹底しているのがアメリカの会社っぽい。

Tomaちゃん
過去2年分の増加量とそれにともなう収入の増加、過去の増加率から少しだけ下方修正したこの先の成長を表すものを用意してみた。

驚いたのは実際の案件数は60%近く増加になっていて収入は50%増加していた。作業量についてはもっと細かいデータ収集が必要になるので今の自分の能力では難しいけど、単純に考えて作業量も60%近く増えていると考えられる。

これに今使っているが、一部の機能しか使っていないソフトをより活用し、そのシステムを立ち上げ、メンテナンスするために雇うべき人員による経費を入れたプロポーザルを2枚にまとめた。

草稿段階でマネージャーに見てもらって手応えをもらったので、アドバイスをもとにさらにデータの修正。文章しっかり書いているけど、実際はその隣のデカ文字数字と図式をしっかり添えといた。

結果マネージャーと社長との会議で快諾されて人を雇えることに。とはいえ、やっと雇ってもいいよというスタートに立ったばかり。次は人を集めて面接をして実際に雇わないといけない。

もうだめニャ
ハワイで人を探すのって大変なんだよね

根拠なく発言するとすぐ弾かれるので、まあ、そりゃそうなんだけど、今回みたいに自分で社内データを漁って整理、分析したのは結構いい経験だったな。今までは現場での作業をメインにやっていくポジションばっかりだったので、統括セクションを分析するというのはなかなか新鮮。ただ、時間がかかるけど。。。

🔹Topic2:人に教えるのも計画から🔹

雇う気持ちで話をひたすら引き出す

やっと人員募集をかけていいということになったので、早速広告を出して見た。幸いなことにすぐに反応があって翌日には希望者が。といっても1人だけど。。。

Tomaちゃん
すぐに面接をセットアップして上司とともにいざ面接!

年も近くて反応も早く、ハキハキしている。経験も男社会に揉まれたであろう、困難も乗り越えたであろう手応えのある人だった。こういう時はとにかく自分も雇いたいし、この人がいかにうちでやっていけるか、相性が良さそうかを引き出さなくてはいけないという気がして、とにかく具体的なエピソードでこれまでの仕事ぶりを話してもらった。

面接の後、マネージャーも気に入ってもらえて、雇う方向で進めているものの、ほかに取られたくないのでとにかく次に進める。マネージャーをせかし、自分もトレーニングプランをたててパートタイムの場合とフルタイムの場合の経費とスケジュールを大まかに3ヶ月後まで作る。

全部をいっぺんにはできないので細かなことから、目標を月単位で設定して、そこから週単位の計画を作る。途中予定通りいかないこともあるはずなので、特定しない作業時間を各週に設けて、最終日にちにフィードバックの時間をとる。

自分もそんなに人を育ててきたことがないので、自分自身への振り返りがないと途中修正が効かなくなるので今回のことで学びたい。

とりあえずラフなプランはできたのであとは実際に相互に雇用契約を交わして実践に移したいな。

なぞニャ
てか、誰かうちで働かない?

-ハワイ生活, 海外でお仕事
-, , , , , ,

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.