脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

ハワイ生活 不動産

キレイなリノベ済み、借地権コンド-ゲイの海外不動産投資-

投稿日:

🔹TOPIC1:物件写真を見て期待し過ぎている事ないですか?🔹

写真どおりの綺麗さはマレなこと

こないだの内覧でアイランドコロニーに言ってきたんだけど、リフォームの状態と、掲載するされてる写真が限りなく近いクオリティでした。

不動産屋あるあるなんだけど、物件のお問合せはいかに魅力てきな写真が撮れるかにかかっている。ななのでみなさんプロのの写真家を雇ってキレイな写真をとってくる。 一眼レフに専用の広角レンズを付けて、部屋の限りなく端っこから限りなく広く見えるようにする。一部はフォトショでの加工もされてんじゃないかな?明るさとか色あいも、すごく綺麗でリフォームしたての様な雰囲気がある。

が、しばしはそう言ったのは写真だけで、実際には隅の方にほころびがあったり、シミやキズが隠されている事が多い。なので実際に部屋に行って見るとまたか〜となる。

なぞニャ
あれ?なんか全然ボロい?

なんて事もしょっちゅうだったので今では慣れてしまっている。まあ、ウソを付いている訳では無いからセーフなんだろうけど。。。とんかく「魅力的に、フォトジェニックに撮る」と言うのは昔から慣習の様なものらしい。 不動産的なインスタ映え?とでも名付けようか?

🔹TOPIC2:グレーカラーでシックな内装のリフォーム🔹

ホテルライクにも、長期賃貸にも貸出やすそう

さてさて、内装はというと今流行りな感じのグレーでシック、誰にでも受け入れられそうは落ち着いたリフォームでした。これならホテルの様に短期貸しにしても満足度高そうだし、お部屋にまだ十分余白があるので長期滞在で1年単位の貸出でも対応できそう。

キッチンもグレーのマーブルトップにブラックのキャビネットがシック。調理スペースは小さく、流しも小さいけど、単身者ならこれくらいで大丈夫かな?

お風呂もグレーに見えるけど、実際には真っ白で、シャワーカーテンがグレーを足し色にしてるので全体の雰囲気を助けてる。

小さな机があるのでパソコン作業とか簡単な物書き、化粧なんかもじっくりできそう。でもソファの前に大きなコーヒーテーブルが欲しいかな?友達が来た時でもみんなでご飯が食べれるくらいのがあるといいなと思う。

でも、アイランドコロニーのいいところはミニリビングになるくらいの十分なスペースがあるラナイ!(バルコニー)

丸テーブルに椅子4脚も可能なので立派なダイニングになる。こっちをアウトドアリビングにするのもいいなー。ちょっとした囲いと植物をいっぱい育てて、大きめのソファを囲む様に配置して、、、あ、ハンモックもいいなー。

簡易ストレージを置けばしっかり荷物も置けるので、実際そんな分に半分物置にしているテナントもよく見かける。

もしいい空き物件があったら引っ越してもいい気がするけど、、、朝と夕方のエレベーターの渋滞が大変なんだよね、ここ。出勤時間がバラけてる仕事をしている人にはおすすめかな。

-ハワイ生活, 不動産
-, , , , , ,

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.