脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

ハワイ生活

感度良好スポットはどこ?-ゲイのハワイ生活-

更新日:

🔹TOPIC:ついつい大声出ちゃう🔹

カラオケだからね。 ワイキキにあるGS Studioってところでカラオケナイトしてきたんだけど、なんせマイクの感度が悪い

音を拾ってくれるとことをさがいてマイクのお尻をぐりぐり、空をめぐってぐりぐり。

なぞニャ
そこそこ稼いでるだろうに、もうそろそろ機材と内装のアップデートが必要なんではなかろうかい?

日本の最新曲が唄いたければモイリイリのTomaの方が揃ってるね。でもアメリカンと一緒に行くなら英語の曲も多いGSの方がいいかもしれない。

ところで歌に関してだけど、日本人は比較的うまく歌える人の人数が多いんじゃないかと思う。決して突出して上手いとかじゃなくて、それなりに音を拾って、リズムに乗って、唄いあげれる人の相対的な人数がアメリカに比べて多いように思うんだよね。

っていうのも、日本は義務教育中に音楽の授業で歌も楽器も経験するし、音楽祭とか合唱コンクールとか何気に歌う機会がある。アメリカはクラブ活動とかに入らないとほとんどないし、実際ルームメイトもその友達も、全然下手。

Tomaちゃん
加えて日本はカラオケ文化で、いくらカラオケ人口が減ってるとは言っても中高生からおじいちゃんおばあちゃんまで、カラオケに気軽に行く文化があるよね。

カラオケの採点を競う番組、あれはカラオケ協会の目論見か、それとも国民の需要に応えてるのかポピュラーな番組の1つだし。なんだかんだ歌について自分がマイクを握って人前で歌うことがある日本は歌える人口世界一だったりするんじゃないだろうか?

-ハワイ生活

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.