脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

ハワイ生活

ハワイ島まとめ-ゲイのハワイ生活-

更新日:

🔹TOPIC1:火山でできた真っ黒大地🔹

シェアハウスの友人とハワイ島に2泊3日で旅行に行ってきた

初日は朝6時に起き出して8時過ぎの飛行機に乗ってお昼にはハワイ島に。レンタカーもパックで借りてたのでそのまま車に乗ってB&Bの宿にチェックイン。

マウナケアで夕日と星空をみるツアーに参加予定だったので集合までの間にスーパーで買出しを済ませ3日分の食料を確保した。 偶然同じスーパーが集合場所だったので迷わず他のお客さんとマウナケア観光に出発。

ただ山を登るだけじゃなくて、富士山よりも高い山なので途中体を低酸素に慣らすため公園に寄ったり真っ黒な火山大地を見学したり。

 

 銀剣草なんていう珍しい植生にも触れてみたりなんかして、麓でお弁当休憩も挟んだ。お味噌汁と日本の幕内弁当みたいなのが出てきてちょっとびっくりした。まさかこんなところで温かい日本食がたべられるなんて。

山頂に着く前に防寒着を渡されて、それまでにも休憩場所でちょっとずつ重ね着してたから平気かと思ったけど夕日を眺める頃にはかなり寒くなってた。

しかも風が強くて体感温度も2、3度低め。。。

それでも雲海に沈む夕日と自分たちの周りを囲む各国の天体観測所が自分にとっては非日常で、でもここで仕事をしている人たちもいるんだな、日々何か新しいものをを発見するために毎日冒険に出かけているんだなっていうのが印象深かった。

🔹TOPIC2:えーーーい!エイ!ハワイhei!🔹

明けて2日目のハワイ島

今日の予定は夕方からマンタ(エイの仲間)を見るため海にシュノーケリングで観に行くツアーを予定していて、午前中は街ブラ。 朝ちゃんと起きて朝食にガーリックシュリンプをたべて、その残りとおにぎりを詰めて南の方へ。

Tomaちゃん
目的は逃れの地という、なんでもカメハメハ王朝のころ厳しい戒律から逃れるために、どんな罪も許される地として作られたんだとか。

行ってみたら岩場多いけどビーチになっていて多くの海水浴客で賑わってた。ビーチから隣にずれたところに石垣が組まれた場所があって、そこに昔はいろいろ建造物があったよう。

地図でわかったけどなかなか広大な土地のようで、1日かけてトレッキングできるコースもあるくらい広かった。 時間がなかったからいけなかったけど、あのトレッキングちょっと行ってみたかったな。

今度行く機会があれば歩いてみたい。 そうこうしているうちに時間も経って、ナイトシュノーケリングに備えて1時間ほどの仮眠をとっていざ集合場所に。

行ってみると自分たち含め7人の小さなツアーだった。ウエットスーツを借りて、ボートに乗って沖へ。小型のボートなのでボートのヘリにまたがり猛スピードで海を跳ねながら進むのは楽しかった。船酔いもしなかったしね。

 

で、ポイントについてみるとすでに多くの船が集まっていてなんだかとっても賑やか。夕日が沈むまでは夜行性のマンタには会えないので待ってたんだけど、その間にボートが揺れて、ちょっと酔ってしまった。

夕日が沈んだら船員さんがLEDライトのついたボードを出してきて一緒に海へドボン。なんでも光でプランクトンを集めてそれに集まるエイを見るんだとか。

ボードにつかまったまま海を漂うこと15分ほど。。。海の底から大きな羽を広げてエイが近づいてくるのは大迫力だった。プランクトンを食べる寸前で宙返りをするのでエイのお腹が目の前を通り過ぎていくんだけど、口を大きく開けているのでなんだか飲み込まれそう。

もうだめニャ
あちこちでエイが出てきてるところでさらにポイントを移すことになったんだけど、この時点で自分はギブアップ。耐えれず海に盛大に吐いちゃった。船に上がっても一通り吐いたので、ある意味スッキリしたんだけど。。。

帰りのボートもスピードがあったのでさらに酔うことはなかったけど、宿舎に着いてからはあったかいお風呂に入ってさっさと寝た。 夢の中でもゆらゆらしっ放しの1日だった。

🔹TOPIC3:ハワイ島で火山を見学🔹

ハワイ島最終日はキラウエア火山

結構東の方にあってコナ空港付近からは3時間以上片道かかるので途中で寄り道もしながら国立公園を目指すことに。

雨に降られて心配だったんだけど、途中で寄ったお寺のフリーマケットとその隣のコンビニでカッパを買いお昼を過ぎることにはすっかり晴れに。

国立公園の入り口はマップ上だとはっきりと分からなくて、ゲート自体は公園内をさらに進んだところにある。入園料を払ったら、公園内は広大なのでそっからも車移動。

最初にビジターセンターでトイレ休憩と地図をもらう。そこから火口付近まで車で5分くらい。 モクモクと煙が上がる火口だけど、今は活発じゃないみたいで、激しさはなかった。

Tomaちゃん
それでもこんな場所が、地球の内側に続く場所があるなんて、、、噴火当時はすごかったんだろうなー。

火口付近を後にしたら今度は帰り道で硫黄が含まれた蒸気が噴出する場所に立ち寄ってみたり、ビジターセンターで作ってきたサンドイッチを食べたりして、その後のトレッキングに備える。

キラウエアの火口から反対方向に進むと昔の火口付近が固まった場所があって、さらにその近くに火山が流れてできたトンネルに入れる場所がある。

自分たちは地図を見誤って先にトンネルに入ってしまったんだけど、それはそれでよかった。

なんでも出口で光に手をかざすとその隙間から自分のオーラが見えるんだとか。。。

まあ、何にも見えなかったけどね。 トレッキングは2~3時間くらいのなかなかしっかりしたもので、ちゃんと靴の方がいいかもしれないけど、サンダルでも行けなくはない。

Tomaちゃん
森を抜ける坂を下りると目の前にいくつも隆起した黒い岩盤大地が広がって映画のセットみたいだった。もしくはRPGゲームの中みたい。

この公園だけで1日過ごせちゃうけど、飛行機の時間も迫り4時半には公園を後に。。。そのまま飛行場に戻り、ちょっとだけ晩御飯をたべてホノルルに戻った。

帰ったのは夜の1時近くだったけど、ボリューム満点の弾丸旅だったな。

 

-ハワイ生活

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.