脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

ダンス! ハワイ生活

ダンスコンベンション!-ゲイのハワイ生活-

更新日:

🔹TOPIC:地元のダンサーも熱いね🔹

前にホノルルフェスティバルのことを書傷んだけど、このイベントの1つにダンスの大会がっあった

まだ回数は少ないのだけどJTBが主催になって行ってるダンス大会、アロハダンスコンベンション、とのこと。日本からも様々なチームが参加して、地元ハワイのダンスチームと競い合ってた。

日本からはラテン系からヒップホップ、チアダンスにアニメーションまで様々なチームがそれぞれのダンスを披露してた。

その中で特に目立ったのは11歳と12歳の女の子2人組のアニメーションダンサーのチームで、狐のお面をかぶって陰陽師の様な格好で登場。曲の出だしがオペレーターのミスでうまくいかず、仕切り直されるというハプニングが頭からあり、会場も「かわいそうに。。。」という雰囲気に。

Tomaちゃん
しかし始まってみればどこのダンサーよりも個性的で、衣装やお面もうまく使い、その上ダンスの技術でも会場を特に湧かせてた。蓋を開ければ審査員特別賞を獲得して本人たちも驚いてた。 

とはいえ大会全体では、ハワイのチームが優勢で応援団も多く、ハワイのチームが出るたびにものすごい声援が飛び交ってた。その声量や、観光で来たであろう人たちは怯えるほどの大きさ。

Rioさん(@rio_taka)がシェアした投稿 -

会場の雰囲気があっという間に変わって、ストリートな雰囲気に持って行かれてしまっていた。

優勝は地元ハワイのチームで、白いキャンバスを巧みに使ったダンスで会場を沸かせたチームだったんだけど、正直、あんなに大きな小道具を全員で使う踊りってどうなんだろう。。。

ヌーン
心を広くすればありなんだけど、、、ダンスなんとなく違和感もしなくはない。あんなに全面的に使うんじゃなくてアクセントで使ってくれたら自分は好きになれたかな。

-ダンス!, ハワイ生活

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.