脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

ゲイカルチャー トロント生活

性病検査前、反省のナイアガラ01-ゲイのカナダ・トロントワーキングホリデー

更新日:

🔹TOPIC:大自然に抱かれても解決しない🔹

トロントあるあるの一つ、ナイアガラに何度も行く、でも今回は事情が違う。

トロントに住むと、誰もがナイアガラの滝を見にいくだろう。はじめは個人で、高速バスに乗って2時間ほどでつくんだからなんとお手軽なことか、観光客ウケのよさ間違いなし!

観光地なので整備も進んでるし、レストランも充実してる。お土産もカナダっぽいものがてんこ盛り。

正直なところ、1度で十分だと思うんだけど、その後両親が来たり友人が来たり、人生の反省をしに行ったりと何かといくことになる。

そう、人生の反省。ミソギをしにいく場所でもある。個人的に。。。

というのも、初めてナイアガラに行ったのは初めてトロントに来て何もわからず、不安だらけだった時から3ヶ月目のこと。随分と生活にも慣れて半ば調子に乗り始めた頃。。。

もうだめニャ
初めてトロントに来た時は不安で、とにかく情報が欲しかった。それが故に同じ国の人についつい頼りたくなってしまう。それ自体は全然問題ないのだが、内容がよくなかった。

トロントで初めて会った日本人のゲイの人と、コンドームなしのセックスをしてしまった。 酔っ払っていたとかっていう言い訳はできない。これは本当に自分の気持ちの緩みのせいだとお思う。あわててトイレに行って中出しされた、精液をだして、そんなことを許したことを、水に流そうとしたけど不安は残った。

それからは彼とは連絡も取らず、そのうちに自分も忘れかけていた3ヶ月目に懺悔の時間はやってくる。以下は前回の記事のまとめ。

いつものように、何気ない日常で、それこそショッピングモールをぶらついていたらメッセージが来る。忘れていた人からの連絡ですぐに身構えるような感覚になる。 「久しぶり。久しぶりの連絡がこんなことになってごめん。でも落ち着いて読んでね。こないだHIVの検査に行ってきたら陽性でした。日付を遡ると大体3ヶ月前のことになるんだけど。心配だから検査に行ってね。何かわからないことがあったり、不安があったらなんでも聞いてね。力になるから」 概ねこういった内容だった。血の気が引くのが自分でもわかったし、気持ちの悪い寒気が頭からゾッと下がってきた。 でも後悔しててもどうんもならない、とにかく検査をしてそれから後悔することにしようと思った。すぐに検査できる機関を探す。明日、空いてる病院を見つけた。不安な夜を1日過ごす。明けてすぐに家を出て病院に向かう。焦りすぎて開院時間より早く着いてしまう。スタバでなんとか時間を潰す。喉がカラカラ。やっと病院に入れる。でも受付で、すでに今日の分は予約で埋まってしまって、今日取れるのは2週間先の予約のみ。結局その週末には受けることができなかった。

とまあ、この辺は前の記事でも書いたことなんだけど、そんな経緯を経て次回へ続く。。。。

-ゲイカルチャー, トロント生活

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.