脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

ハワイ生活 海外でお仕事

アメリカJ1ビザの準備 その9-ゲイの海外でお仕事ー

更新日:

🔹TOPIC1:J1までの道のりは遠い🔹

DS2019がやっとおりたのにまだ続くよ手続きは〜

ってことで日程のことをエージェントにメールしてる間に先に大使館の面接をとることにした。が中々惑わされた。

まずエージェントから返ってきたのは

SEVICE ID

Program Number

で、番号だけ書類を郵送前に通知してもらった。それからEメール添付で

I-910の支払い完了書

ももらった。ちなみにSEVICE IDはアルファベット1文字と10桁の数字。Program NumberはPから始まるハイフンを含んだ6個の数字。ちなみにちなみにこのProgram Numberは申請で「交流番号」と呼ばれることもあるので聞かれたらこれを入力する。

ではまず先にもらった2つの番号をDS160を完成させるために途中で止まってたビザのページから再スタート。

🔹TOPIC2:アメリカまで1歩づつ🔹

 写真の赤丸からログインしなおせる

で、入力したら今度は顔写真をアップロードする。規定の写真を収めることになるけど、画像編集ツールも備え付けられているので自信がない人はこれで写真を切り抜いて編集してしまおう。

で、最終確認のページに進むけどこの時に入力した情報に変更などでてないかチェック。ちなみに自分は予定していた東京での面接が叶わなかったので、引っ越した大阪の情報を入力し直した。

Tomaちゃん
んで、パスポートナンバーなどを合わせたデジタル署名をしてSubmitする。1度提出してしまうともう戻せないので注意。

提出時にビザの申請料金の支払いを指示されるのでこちらも支払う。これはI-910の支払いとは別なので混合しないように。

これを最後まで入力すると「受付番号」がもらえるのでそれを入力する。自分は他の人が「入力する」って書いていたので手で入力するのかと思ってたけど、自動で入力された。

支払いと受付番号も入力できたらやっとDS-160の作成が完了!

もうだめニャ
では次に大使館の面接予約。そう、実はまだ面接予約にもいたって無かったのだ。。。。DS-160が完成しただけ。

では気を取り直して。再び大使館のホームページから「ログイン」のタブをクリックして新規登録をする。どうやら紐付けされてるのか?それとも後で番号で紐付けするのかはわからないけど、どんどん今まで取得した情報を入力する。

気をつけるのは自分がどこの都道府県の大使館で受けるのか。またビザを含むパスポートが返却される住所も間違わないように気をつけたい。 最後に空いている日にちが表示されるのでそこから自分が都合のいいものを選ぼう。

Tomaちゃん
面接後は大体1週間でビザが発給されるそうだ。 ふう。。。やっと面接の予約まで完了したー。渡米まで後もう一息!

-ハワイ生活, 海外でお仕事

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.