脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

その他・徒然日記

リサイクルショップに行こう-徒然日記-

更新日:

🔹TOPIC:東京も残すところ1週間強となって、そろそろ引っ越しの準備をしております🔹

5月に東京来て年内には渡米を目指してたので荷物は最小限におさえてたから、そんなにないんだけどね。 それでも移動のために買った中古のママチャリとか、衣装ケース、ベットマットなどかさばるモノもいくつかあるわけです。

そんな時の強い味方といえば、やっぱりリサイクルショップでしょう!というわけで早速近所のお店を検索したら買取に出向いてくれる「なんでも買取ます!」ってお店を発見。

早速電話をかけてみた。なかなか出ない。。。インターナルな別回線にまで飛んでやっと出てきた。若い女性の声が電話口に出たんだけど、声のトーンで直ぐ「あー、これは親切じゃないテンションだこの人」ってわかった。

案の定、こっちの声をかわすようなトーンが返ってくる。。。まあ、色んなことがあるから気分が乗らない日もあるよね。 っても自分は引き取ってもらえさえすりゃーいいので、とにかく場所、日程、引き取ってもらいモノもをアレコレと伝えて、、、、

った途中を遮って一言「うち衣装ケースとか無理です」 だそうな。。。でも自転車もって伝えたら「ウチ家電専門です」って言われちゃった。

だんだんイライラしてきたので、もういいやと思って電話を切ることに。 詐欺だーこんなのー!

とか言ってもしょうがないのでさっさと次だと思って再度検索。 またなんでも買取ますというお店を見つけたので少々疑いながらも電話してみた。

で、電話に出たのは流暢な日本語を話す外国人。え?って思ったけどHpに責任者に中東系の名前が入ってた。 ああ、また変なとこ当てちゃった。

かとも思ったが。話してみると全然話のわかる人で、本当になんでも引き取ってくれるとのこと。念には念をと思って「スゲー古い中古ののママチャリですよ、値段もつかないものもありますよ?本当に全部ですか??」ときいてみたところ 値段つかナイものデモ、お客さんがお金払ってクレタラなんでも引き取るヨ!」 だって。

わかりやすい!もはやお金で解決できるんだ!気に入った! ってことでこのお店に年末引き取りに来てもらい全部お金で解決することにした。

めでたしめでたし。

-その他・徒然日記

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.