脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

トロント生活

職場のお弁当-ゲイのカナダ・トロントワーキングホリデー

更新日:

🔹TOPIC:あなたならどうする?🔹

昨日の記事で職場にお弁当を持っていくという話をしたけど、自分が働いている職場(今も働いてるけど、日本に一人なんだけどね。。。寂しい)ではほとんど弁当持参してる人ばっかりだった。地元の人もお弁当支持してるんですねー。

もちろん時には外に食べに行ったりもしたけど、やっぱり家計のことを考えるとお弁当だよね。 スーパーに行けば安いランチセットの冷凍食品もあってかなり安くあげることもできる。外食に比べればその差は400円くらいになるかもしれない。それが毎日だとかなりの節約!

写真はメトロなんかで帰るイエローカラーのプロダクト。特別に安い。

で、自分はどうしてたかというと、ご飯を炊いて、その上に具をのせて食べる丼にしてた。ちょうどジップロックで丼にちょうどいいサイズのタッパも持ってたしね。

で、上に乗せる具はというと、基本はベーコンやウインナーなどの安い加工肉に冷凍のミックスベジタブルを週替わりで入れ替えてた。味もいろいろあるドレッシングとか味付きのツナ缶なんかを利用して和風だったり、イタリアン、チャイナにアレンジしてた。

Tomaちゃん
基本的に日曜の朝に1週間分を作り置きしておりて、朝詰めて持って行ってた。時々それにリンゴなんかを添えてパックしてなるべくバランスよく食べてたな。

もしもジャパレスでバイトしてたらマカナイなんかもあって、事情は変わってたのかもしれないけど、とにかく、まかないのない職場ではお弁当が限られた収入での生活の鍵になると思う。

きっといろんな方法がそれぞれにあるだろうから、みんなのお弁当スタイルを。

-トロント生活

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.