脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

トロント生活

トロントで防寒対策は?ヒートテックの威力!-ゲイのカナダ・トロントワーキングホリデー

更新日:

🔹TOPIC:さすが日本のプロダクト🔹

12月に入って来るとどんどん冷えるトロント。気がつけばマイナス10、15、20とどんどん冷えてくる。

それでもトロント人は。。。

体温機能がきっと特別にできてるんだと思う。さすがに日本人にはこうはいかない。

じゃ、あったかくしようってことで服の話になるんだけど、よく耳にするのは、

建屋の中はあったかいので、すぐに来たり脱いだりできるあったかいアウターを1枚用意しましょう

という記事。 確かに、間違ってない。実際外は極寒だけど、電車やお店、オフィスの中は空調が効いていてあったかい。そのままアウターを着ていたら暑いくらい。

そこでみんなが検討するのが「カナディアングース」のアウターだ。確かに、スゲーーーーあったかい。もはや羽毛布団を服の形に裁断したとしか思えないほどあったかい。

ヌーン
しかーし、その機能とブランドゆえに10万近い値段するものも。。。高い。高すぎる。もしかしたら1年だけの滞在の4ヶ月しか着なくて、日本に帰ったらあったかすぎて着ない何てことになりかねない。

しかも皆んなが着てて、なんだかヤダ。シンプルな心象理由だけど、解りやすいのでヤダ。 じゃあ、どうしたかって言うと、自分はヒートテックとウルトラダウンの重ね着で過ごした。

もー、本当に日本製品のあったかいことよ。しかも薄いからインナー扱いなので今まで日本で使ってたアウターが使える。

どちらもコンパクトに出来るので、脱ぐ手間こそあるけど調整はしやすい。 クラブに行く時もカバンにアウター含め全部詰め込んでクロークに預けて、汗だくになりながら一晩過ごして、帰る時はまたクールダウンして着込んで帰るってのをやってた。

Tomaちゃん
なので、日本から行く人はヒートテックとウルトラダウンを持っていくのをお勧めする。

Recommend

1

カンボジア旅行の続きです 好きになっちゃうよカンボジア アンコールワット遺跡を見てその日のうちにシュリムアップから、首都プノンペンに移動。 さすが首都、人口が多い!!バイクも隙間なく走ってる!そしてみ ...

2

飲んで予防するHIV感染対策のお薬 噂には聞いていたPrEP。カナダにいた頃からちらほら聞いていたけど、まだ整備されていなくて十分な情報もなく、そんな薬があるんだか、ないんだか、半分くらいその存在を疑 ...

3

第1回ハワイテニスオープンに行ってきたよ 同僚に教えてもらうまで知らなかったけど錦織君がハワイに来てるんだね。 https://hawaiitennisopen.com んでもってハワイで最初のテニス ...

-トロント生活

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.