脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編

カナダ・トロントでのワーキングホリデーを経て東京へ。NY・LAを目指して転職中のはずが縁あってハワイへ。ダンスで時々息抜き。ゲイなのでセクシャルな記事も書きますが、一緒に楽しめる方はそのまま覗いて行ってください!

トロント生活

トロントのコンドミニアムでリッチな暮らし-ゲイのカナダ・トロントワーキングホリデー

更新日:

🔹TOPIC1:トロントのコンドミニアムで冬を乗り越える🔹

トロントの住宅事情を一つ

以前シェアハウスのことを書いたけど、自分みたいに一軒家をシェアする以外に、アパートやコンドミニアムをシェアするスタイルもある。冬の厳しいトロントでは冬場の室内温度が一定を下回らないようにするようにとの法律があるらしく、暖房の効率化は一つのテーマかもしれない。なのでセントラルヒーティングが利用できるアパートやコンドミニアムは一つの解決方法と言える。

Tomaちゃん
近年ではチャイナマネーの流入でダウンタウンも郊外の沿線にも大きなコンドミニアムが建てられている。どれも立派で大きなエントランスに受付には専属のスタッフが居てセキュリティも保たれている。僕が知り合った多くの友人もコンドミニアムに住んでいる人が多かったな。

こと、North Yorkから北一帯はアジア人、が多く、韓国人学生がコンドミニアムのシェアハウスを多くやっている。少し値段はするが、余裕があるなら選択肢としては魅力的だ。

なぜなら、いろんな設備が揃っていて特に冬場の外に出たくない時期でもいろんなアクティビティーをしながら過ごせる。

🔹TOPIC2:プールもジムも付いてくる!🔹

ではどんなアメニティ(設備)があるのか?

例えば、ジムやプール、カラオケルーム、ボーリング、ビリヤード、パーティールーム、卓球、バスケット、カードルーム、麻雀などなど、とにかく充実していて予約を取れば住人の誰もが利用できる。

もっと便利なことにそのコンドミニアムを囲むように1階部分にお店が並んでいればカフェ、ドラッグストア、ヘアーサロン、レストラン。。。。

Tomaちゃん
そう、コンドミニアムから100mと離れずに生活が完結するのだ。冬が厳しいトロントならこんなにありがたいことはないだろう。それになんだかリッチな気分に浸れる。この特権を全て使えるんだ!みたいな。

とは言っても実際にこれらの施設を全部使ったって人はそういないのだろうけど、あるだけでなんだか安心というか、満足というか。


自分も友達のコンドミニアムのプールで泳がせてもらったりした。

ってことで、日本ではなかなかできないコンドミニアムのシェアハウスでリッチな生活を送ってみるのもいいだろう。

-トロント生活

Copyright© 脱サラゲイの海外生活 -ワーキングホリデーから海外移住を目指して-トロント、ハワイ編 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.